鹿島ウッチーとユニホーム交換の中国選手、SNSで2人の関係語る=「内田篤人はライバルであり友人」

配信日時:2018年9月20日(木) 15時40分
鹿島ウッチーとユニホーム交換の中国選手「彼は友人」
画像ID  1026500
18日に行われたサッカーのアジアチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、天津権健と鹿島アントラーズの試合後、鹿島のDF内田篤人が天津のFW楊旭とユニホームを交換した。写真は楊のウェイボーより。
18日に行われたサッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグ、天津権健と鹿島アントラーズの試合後、鹿島のDF内田篤人が天津のFW楊旭(ヤン・シュー)とユニホームを交換した。楊はその時のことを中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で報告している。

楊は「4回目のACLの旅が終わった。権健は(ベスト8進出で)チームとしての歴史をつくった!しかし、さらに勝ち進めなかったことには落胆している」とし、続けて「内田篤人はライバルであり、友人だ。前の試合(ファーストレグ)の時にユニホームを交換しようと約束していた。U17代表からACLまで、十数年がたった。僕たちはそれぞれの道を進んでいるが、共に自分の理想を目指して努力しているんだ」とつづっている。

楊は内田(30歳)と同年代の31歳。U17中国代表に選出された経歴を持ち、年齢制限のないA代表でも45試合に出場、23ゴールをマークしている。

この投稿にネットユーザーからは「うん。良いことだ」「素晴らしい。これこそ、選手が持つべき姿勢だ」「2人とも大けがを経験した。内田はけがでシャルケを離れたが、ラーム(元ドイツ代表)を抑えてブンデスリーガ(ドイツ1部リーグ)のベストイレブンにも選出された。日中友好はもともとこうあるべきだ」といったコメントが寄せられた。一方、中には「ちょっと切ないな。同年代の選手とはいえ、向こうはワールドカップ(W杯)に出場して、ブンデスリーガで活躍して、アジアカップも優勝している」という声も。

なお、マカオで行われたこの日の試合は、鹿島が3—0で快勝し、2戦合計5—0で準決勝進出を決めている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事