Record China

ヘッドライン:

「中国オープンで…」バドミントン桃田賢斗の発言、中国ネットで絶賛される

配信日時:2018年9月20日(木) 11時10分
拡大
18日、バドミントンのジャパン・オープン男子シングルスで優勝した日本の桃田賢斗について、そのバドミントンに対する姿勢の変化について伝えた。写真は桃田。

2018年9月18日、バドミントンのジャパン・オープン男子シングルスで優勝した日本の桃田賢斗について、そのバドミントンに対する姿勢の変化について伝えた。

記事は「2年前の賭博スキャンダル後、桃田は明らかに変わった。出場停止期間中、時間があれば各地の青少年トレーニング活動に参加していたほか、金髪に装飾品といった派手な印象から、見た目も話しぶりも素朴な青年になった。先日のジャパン・オープン決勝では所属先の社員、チームスタッフ、家族が観客席で見守る中で優勝。本人は『自分の成長をみんなに見せられたので、8月の世界選手権優勝時の何十倍もうれしい』と語っている」とした。

また、ジャパン・オープンの意味について桃田が「日本の子どもはいつも録画で試合を見ているけど、ジャパン・オープンは現場で試合が見られる数少ない機会。自分の活躍でバドミントンに対する憧れと愛を深めてもらえたら」と語ったことを紹介。「今の桃田は技術的に世界一流の水準に達しているだけでなく、バドミントンを日本で普及させようという使命感も持っている」と評している。

さらに、現在開催中の中国オープン前のインタビューで2年後の東京五輪について問われた際に、桃田が「今、東京五輪での金メダルについて語るのは時期尚早。目の前にある中国オープンで今の自分の実力を出し切りたい。アジア大会では守りに入り過ぎた教訓を生かして、攻守に強くなるのが今後の目標」と語ったことを伝えた。

大きな挫折を経て謙虚な求道者へと生まれ変わった桃田について、中国のネットユーザーからは「素晴らしい」「本当に心を入れ替えたんだな」「謙虚な人はいつか偉業を成し遂げる」「たぶん、東京五輪までの2年間で彼に対抗できる選手は出てこないと思う」などの称賛を寄せている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

バドミントン男子に「桃田時代」到来か、中国の英雄も敗戦に納得、中国ネットも“文句なし”

バドミントンのジャパン・オープンで初優勝を飾った桃田賢斗について、中国のスポーツメディア・新浪体育は16日、「日本のメディアが『バドミントン男子シングルは桃田時代を迎える』と伝えている」と報道した。写真は世界バドミントン選手権で優勝した桃田賢斗。

Record China
2018年9月18日 15時10分
続きを読む

世界バドミントン選手権で大活躍の日本勢、「東京五輪では中国と金メダル争奪戦」と中国メディア

中国・南京で行われた世界バドミントン選手権大会で、日本勢は桃田賢斗が男子シングルスの金メダルに輝くなど大活躍した。中国メディアは「東京五輪では中国と金メダルの争奪戦を繰り広げるのでは」と予測している。写真は桃田賢斗。

Record China
2018年8月10日 13時40分
続きを読む

ランキング