Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日本政府の尖閣買収に対抗=保釣民間団体が行動強化と言明―中国メディア

配信日時:2012年9月12日(水) 21時31分
拡大
6日、21世紀網は記事「日本が釣魚島を『買収』=華人保釣連盟、行動力を強化と発言」を掲載した。写真は10日、江西省九江市の街頭に掲げられた尖閣抗議を訴えるポスター。「尖閣と国の防衛、国民一人一人に責任がある」とのスローガン。
(1/4枚)

2012年9月6日、21世紀網は記事「日本が釣魚島を『買収』=華人保釣連盟、行動力を強化と発言」を掲載した。

その他の写真

香港に登記している中国人による尖閣防衛を訴える民間団体・世界華人保釣連盟の李義強(リー・イーチアン)事務局長は、日本の買収に対抗して行動を強化する方針だとコメントした。今年8月の活動家による尖閣諸島上陸は大きな話題となり、保釣団体への注目を高めることにつながった。

世界華人保釣連盟は台湾の漁船を購入し尖閣上陸を計画しているが、今年8月以後、募金のペースが加速し、計画実現に近づいているという。また欧州や米国の船をチャーターして、「航海の自由」をたてに尖閣近海を航海する計画も考えているという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣問題>香港に戻った抗議船船長、日本側との「命懸けの戦い」を語る―中国メディア

22日、香港の活動家団体「香港保釣行動委員会」の活動家ら7人が乗った抗議船「啓豊2号」が九龍島の尖沙咀埠頭に帰港、船長らが日本側との「戦い」の一部始終を語った。写真は15日、活動家らの尖閣上陸を伝える中国中央テレビ(CCTV)のニュース番組。

Record China
2012年8月23日 18時10分
続きを読む

ランキング