【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

実写映画化「イタズラなKiss」にファンが悲鳴!俳優ダレン・ワンの“入江くん”は「人選ミス」―台湾

配信日時:2018年9月19日(水) 22時0分
実写映画化「イタズラなKiss」にファンが悲鳴!
画像ID  1026042
17日、台湾の俳優ダレン・ワンを起用した映画版「一吻定情」(イタズラなKiss)のプロモーション動画に、イタキスファンからは悲しみと怒りの声が上がっている。写真はダレン・ワン。
2018年9月17日、台湾の俳優ダレン・ワン(王大陸)を起用した映画版「一吻定情」(イタズラなKiss)のプロモーション動画に、イタキスファンからは悲しみと怒りの声が上がっている。聯合報が伝えた。

その他の写真

日本の人気漫画「イタズラなKiss」は、日本だけでなく台湾や韓国、タイでも実写化され、長年にわたって広く愛されている作品。今年7月、俳優ダレン・ワンと中国の女優リン・ユン(林允)を起用しての実写映画化が明らかになっていた。

17日、中国の新作国産映画を集めた見本市「第17回全国院線国産影片推介会」が湖南省で開幕。注目作の一つとなっている映画「一吻定情」からは、約10秒間のプロモーション動画が初公開されたが、その内容が早くもネット上で拡散されて話題に。イタキスファンからの反応は、「あまりに残酷だ」「原作イメージ無視のキャスティング」と悲しみと怒りの声一色となっている。

「一吻定情」でダレン・ワンが演じるのは、イケメンで頭脳明晰(めいせき)、クールな主人公の入江直樹役。だが、これまで一貫してワイルドでやんちゃな印象だったダレン・ワンだけに、「イメージが違い過ぎる」とファンからは不満の声が。イタキスのメーンキャストの1人、三枚目キャラの「金ちゃん」にしか見えないとの意見が多く、「金ちゃん役なら十分納得できる」「私の入江くんを劣化させないで!」「悲しくて呼吸困難になりそう」「この映画はイタキス番外編、主人公は金ちゃんってことでOKでは?」など、批判だらけとなっている。

制作側の発表によると、映画「一吻定情」は2019年のバレンタインデーに焦点を合わせての公開を予定している。(翻訳・編集/Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事