中国人驚き!?日本に行って初めて分かる7つのこと―中国メディア

配信日時:2019年3月31日(日) 18時20分
中国人驚き!?日本に行って初めて分かる7つのこと―中国メディア
画像ID  1025994
中国の自メディア・日本窓は24日、「中国人が日本に行って初めて分かるいくつかのこと、見たら驚き!」と題する記事を掲載した。写真は日本の映画館。
中国の自メディア(新興メディア)・日本窓は24日、「中国人が日本に行って初めて分かるいくつかのこと、見たら驚き!」と題する記事を掲載した。

記事は、「日本を訪れたことがある人は、多かれ少なかれ、国内との違いを感じるだろう」とし、中国人が不思議に感じるという7点を挙げた。

一つ目は、「何か問題があるとまず謝る」こと。記事は、「日本人は何かあると謝罪する習慣があり、これは自分が正しいか間違っているかは関係がない。一種のマナーのようなもの」と紹介した。

二つ目は、「英語が通じない」こと。中国では日本人の英語力の低さがたびたび話題に上る。記事は、「日本はグローバル化された大国であるが、英語ができれば何とかなると期待してはいけない」と忠告している。

三つ目は、「映画の料金が全国一律」であること。中国では映画館によって料金が異なることがよくあるが、日本では一部例外を除き基本的にはどこも一般1800円。世界一高いとも言われるが、記事は「日本人の平均収入から見れば合理的な値段」としている。

四つ目は、「制服を着ている人が多い」こと。中国では日本に比べると、仕事で制服を着用する人は少ないかもしれない。記事は、ある調査で普段制服を着ている人に「何を着てもいいと言われたらどんな服装を選ぶか」を聞いたところ、多くの日本人が周囲の人を参考にすると答えたことを挙げ、「他人と異なることを怖がる集団心理」と評している。

五つ目は、「トイレに無料のペーパーがある」こと。記事は「日本のトイレ文化は多くの国に称賛されている。清潔なだけでなく備品もそろっており、トイレットペーパーは必ずある。日本のトイレに慣れたら、帰国した後、トイレにティッシュを持っていくのを忘れてしまう」とした。

六つ目は、「電車はほぼ時間どおりに運行する」こと。日本の公共交通が時間に正確なことはたびたび中国メディアでも取り上げられるが、記事は「世界では90秒程度の遅れなら時間に正確と評価されるが日本では通用しない」と表現。「1分遅れただけでも謝罪することがある」とした。

そして七つ目が、「夜間に自転車のライトをつけないと警察に捕まる」こと。記事は、ある人が体験したこととして、「バイトが忙しく、夜明けごろによくライトをつけ忘れて自転車に乗っていたら、近くの警察署の観察対象になり、たびたび止められて警告を受けるようになった。何度か警告を受けた後、警官は仕方ないといった様子で反射シールをくれた」としている。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/04/11 01:45)

    重要な事は、相手が日本人でも中国人でも同じだと言う事。 警察官が中国人にと聞くと過剰反応する中国人が居るが、日本人も昔から夜ライトつけて無いと叱られたよ。 自転車の性能が良過ぎて運転者を守る機能が向上した分、対人に当たると相手が死亡する事故が多発しているからだ。 ライトつけて居たら相手が声を出したり避けたりしてくれる。 日本には、就職先が多いから敢えて海外に行く人が少ないから英語はあまり真剣に勉強しなかった。 中国人は昔日本語を覚えさせられたと泣き叫ぶのに良くアメリカの言葉なんて覚える気に成れるな、中国人はアメリカにまで媚びる様に成ったんだな。 アメリカが幾ら同盟国に成っても、原爆落とされた過去を考えて好きになんて成れないからアメリカなんて行きたくも無い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Har***** | (2019/04/10 18:30)

    そりゃ事故にあう危険があるし、泥棒とも間違えられるww
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2019/04/08 14:42)

    >夜間に自転車のライトを点けないと警察に捕まる。 道交法違反なので当然です。 車からは見えないし、こんなのを撥ねてもお咎めナシにして欲しいくらいだ。 ちなみにホノルルでは歩きスマホが罰金の対象です。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事