2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本のワーキングプアに関するドキュメンタリーを見た中国人、一体何を思った?

配信日時:2018年11月24日(土) 22時0分
日本のワーキングプアに関するドキュメンタリーを見た中国人の反応は
画像ID  1025987
21日、中国の大手動画アプリ・梨視頻の微博アカウントが日本国内のワーキングプア問題について取り上げた動画を紹介したところ、中国のネットユーザーの間で大きな反響を呼んだ。写真は日本のバス。
2018年11月21日、中国の大手動画アプリ・梨視頻の微博アカウントが日本国内のワーキングプア問題について取り上げた動画を紹介したところ、中国のネットユーザーの間で大きな反響を呼んた。

紹介したのは、ワーキングプアに関するNHKのドキュメンタリー動画。30歳以上で失業すると再就職が難しい状況の中、職が見つからずに路上生活を余儀なくされている30代の男性や、朝から晩まで働いても収入が少なく苦しんでいる高齢の自営業者などを紹介した。

同アカウントは「一生懸命働いても貧困から抜け出せない人たちの記録だ。取材を受けた人たちはみんな必死に仕事を探していて、怠けて生きている人は1人もいなかったという」と説明した。

中国のネットユーザーは「プラザ合意が日本経済を破壊し、日本社会を引き裂いた」「日本の収入がこんなに低いのに、それでもなぜ多くの中国人が日本に出稼ぎにいくのだろうか」「部屋を借りるには働いていなければいけないって、おかしな規定だよな。働くために部屋を持つ必要があるのに」「子どもが貧しいのは親に力がないせいだと自責するシングルファザーを見て、涙が出てきた」といった感想を寄せた。

また「日本人だけじゃない。われわれも今はワーキングプア族だ」「先進国の状況をあざ笑っていられる状況か」「死ぬほど働いて、稼いだお金は家の購入代金に消える。これでどうやって子どもを養えというのか」「中国人の8割はみんなこんな感じだと思う」など、ワーキングプアの状況は経済成長を続ける中国でも広く存在するとの指摘も少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事