2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

D&G問題が波紋、中国が侮辱されたら中国国民はどうすればいいのか―中国紙

配信日時:2018年11月24日(土) 12時0分
中国が侮辱されたら中国国民はどうすればいいのか―中国紙
画像ID  1025980
21日、環球時報は、「中国に対する侮辱に遭遇した時に、中国国民はどうしたらいいのか」とする文章を掲載した。写真は中国国旗。
2018年11月21日、環球時報は、「中国に対する侮辱に遭遇した時に、中国国民はどうしたらいいのか」とする文章を掲載した。

先日、イタリアの著名ファッションブランド・ドルチェ&ガッバーナが中国を侮蔑するような内容の宣伝動画を公開し、さらにデザイナーのSNSアカウントに中国人を侮辱する発言が書き込まれたことで中国国内で反発が高まり、21日に上海で開催予定だったファッションショーが中止になるなどのトラブルが発生した。

記事は「中国と西洋間の摩擦はあり続けてきたが、これまでは中国の市場が小さく、国民の力も弱かった。さらにインターネットも発達していなかったことで、中国国民は摩擦のなかで存在感を示すことができず、多くの場合、うやむやにされてきた。しかし今は中国市場が世界のビジネスにおける激戦地となり、西洋企業に対する中国人消費者の重要性が高まったことで、その発言権も強くなった。しかし、一部の西洋企業は中国への態度の変化に適応しきれておらず、習慣的な扱いを続けてしまっている」とした。

そして、「中国に対する態度を改められない西洋企業やこれに同情する西洋の有識者は、中国国民のせいにしてはいけない。中国と中国の消費者に対する尊重が、中国での業務拡大に必須の姿勢であることをはっきりと認識しなければいけない」と指摘している。

その上で、中国の消費者が西洋から侮辱を受けた時に取るべき姿勢として「対外的に自らの力を示す。この力が、外国からの尊重を長期的に受け続ける基礎となる」「イメージの基礎を確立した上で、言動や事後の態度が悪辣(あくらつ)な外国の当事者を重点的に攻撃する。中国に対する不勉強による過ちで、明確に謝罪した外国企業についてはしつこく追求しない」「中国人消費者と外国企業とのトラブルに、なるべく中国政府が出てきて介入しない。文化摩擦の問題を市場に解決させ、双方に適応性を持たせるようにすること」の3点を提言した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/24 16:37)

    >中国が侮辱されたら中国国民はどうすればいいのか 侮辱の内容がまったく見当はずれなら、笑っていればいい。相手が自分の誤解に気付いて恥ずくなるだけだからだ。しかし侮辱(または嘲笑)が中国人の本質を突くものなら、それは侮辱でなく『忠告』ととらえるべきだろう。悪いところを注意してくれるものが、本当の友人である。金目当てに近寄って来るものは、お世辞しか言わないものだ。お世辞は耳に心地よいが、いずれ『金の切れ目が縁の切れ目』という言葉の意味を知ることになる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sho***** | (2018/11/24 13:59)

    自分の蛮行をすべて正当化し、 人からの尊敬を強要することが漢民族の本性である。 以前に孔子の直系の子孫と酒席を共にしたときに「なぜ中国人は2千年以上ご先祖さまから礼節勉強してきたのに未だ90%以上の人が低レベルなのか?」と冗談で尋ねたら 「99%の中国人はすでに礼節を極めたと思っている、今度は彼らが未開の夷狄外国人に礼節を教える番になったと勘違いしている。〜ご先祖様はとっくに諦めて日本とかアメリカに移民してる(笑)」とユーモアある回答を頂きました。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2018/11/24 13:02)

    白人のアジア人差別はよくある事。金の力に物を合わせて謝罪させるなんてヤクザと同じ。その時点で差別白人と同じ穴の狢という事に何故気がつかない?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事