Record China

ヘッドライン:

交通網が行き渡る中国、米紙「われわれはまるで発展途上国」

配信日時:2018年9月20日(木) 7時10分
拡大
17日、米コネチカット・ポスト紙は中国の交通網について伝えた。写真は中国高速鉄道。

2018年9月18日、星島環球網によると、米コネチカット・ポスト紙は17日、中国の交通網について伝えた。

中国は世界で最も交通網が発達した国で、中国の高速道路の総距離は米国の2倍。鉄道も営業距離はダントツで、2017年末の時点で12万7000キロに達する。とりわけ高速鉄道は営業距離が世界各国の3分の2を占めているほど発達している。

記事は「中国は毎年約3000億ドル(約33兆円)もの予算を交通インフラに投じているが、米国は800億ドル(約8兆8000億円)と大きく下回っている。中国に大きく水をあけられているのは予算だけでない。中国は長期的な目的をもって計画を立てている」と指摘。

「中国と比べると米国での生活はまるで発展途上国のように感じてしまう」とし、「このままでは米国は置き去りにされかねない」と、危機感とともに伝えている。(翻訳・編集/岡田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

スウェーデンが中国人を憤慨させる中、隣国フィンランド観光局の投稿が話題に

18日、中国人観光客一家3人がスウェーデンで粗暴な扱いを受け、中国のネットユーザーから激しい憤慨の声が出ている。そうした中、隣国フィンランド観光局のウェイボー公式アカウントの投稿が、中国のネット上で注目を集めている。写真はフィンランド。

Record China
2018年9月18日 15時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング