台湾ヘアーサロンの看板がハーケンクロイツ似で物議、「ドイツ人怒り」―中国メディア

配信日時:2018年9月19日(水) 14時20分
台湾ヘアーサロンの看板がハーケンクロイツ似、ドイツ人怒り―中国メディア
画像ID  1025871
17日付の台湾・自由時報によると、台湾新竹市のヘアーサロンがナチス・ドイツの紋章「ハーケンクロイツ」に似た看板を掲げているとして、ドイツ在台協会から撤去を求められているという。資料写真。
2018年9月17日付の台湾・自由時報によると、台湾新竹市のヘアーサロン「柏林(ベルリン)」がナチス・ドイツの紋章「ハーケンクロイツ」に似た看板を掲げているとして、ドイツ在台協会(German Institude Taipei)から繰り返し撤去を求められているという。中国メディア・環球網は「ドイツ人が怒り」との見出しで伝えている。

記事によると、ドイツ在台協会は17日付で正式声明を発表。「ナチスの紋章を商売に利用するのは、ホロコーストの犠牲者に対する侮辱だ」として不快感をあらわにし、ヘアーサロン「柏林」に対して、たびたび看板の撤去を求めている。

「柏林」側は、「看板の図柄は、4本のカミソリを模したもので、ナチスとは全く関係ない」と説明している。図柄は直角に開いたカミソリ4本が四方に配置されているもので、「ハーケンクロイツ」と似ている。なお、実際に同店を訪れた自由時報の記者によると、店内にナチスを連想させるような装飾品などはなかったという。

台湾では近年、ナチスに関係する騒動がたびたび起きている。2006年には「国家社会主義学会」を名乗り、ナチスの主張を宣伝する学生が現れた。16年には「新竹光復高級中学」の創設記念日に、学生たちがナチスの旗を掲げ、軍服に身を包み行進した写真がネット掲示板を通じて流出。ドイツ在台協会と駐台北イスラエル経済文化弁事所の抗議を受け、最終的に総統府が謝罪声明を発表した。17年には、新竹県のカー用品店で「ハーケンクロイツ」のステッカーが販売され、ドイツ在台協会から不買の呼び掛けがあった。(翻訳・編集/原)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事