Record China

ヘッドライン:

海自の潜水艦が南シナ海で初の訓練、中国ネットは反発の一方、「コンブを持っていこう」の皮肉も

配信日時:2018年9月18日(火) 12時40分
拡大
17日、観察者網は、海上自衛隊の潜水艦が、南シナ海の海域では初となる訓練を行ったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年9月17日、観察者網は、海上自衛隊の潜水艦「くろしお」が13日、南シナ海の海域で、ヘリコプター搭載型護衛艦「かが」と共に対潜水艦訓練を行ったと伝えた。

記事は、「日本の潜水艦が南シナ海の海域で訓練を行うのは初めてのこと」と強調。日本政府関係者によると、今回の訓練は「実戦的訓練」で、ソナーでの潜水艦探索などを行ったという。また、むらさめ型護衛艦「いなづま」とあきづき型護衛艦「すずつき」もこの訓練に参加したことも伝えられている。

記事は、「日本の海上自衛隊による対潜水艦訓練は通常、日本の周辺海域で行われる。今回日本は、『くろしお』に関する情報を事前には一切公開しなかった。アナリストは、今回の訓練は秘密裏に行われたが、日本が訓練の事実を公表したことは、公海における航行の自由を強調することで、中国に対するけん制の目的があると分析している」と紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「あれ?。日中関係は正常な軌道に入ったんじゃなかったのか?」「中国を訪問したいと言いながら南シナ海で問題を起こすのか。これは二面性のあるやり方だ」など、批判的なコメントが多く寄せられた。

また、「来てくれたのにこちらが行かなかったら非礼になる。中国の潜水艦は日本海に行って訓練したらいい」と、中国も対抗すべきとの意見や、「コンブを持っていけばいいんじゃないか?」というコメントもあった。後者は、かつて中国の軍事専門家が「黄海ではコンブの養殖が行われているため米国の原潜は入れない」と発言したことを皮肉っているようだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング