いよいよ開通!香港と中国をたった48分で結ぶ高速鉄道

配信日時:2018年9月19日(水) 9時0分
いよいよ開通!香港と中国をたった48分で結ぶ高速鉄道
画像ID  1025686
2018年9月23日、香港西九龍駅がオープンをする。この西九龍駅は広州~深セン~香港を結ぶ広深港高速鉄道の香港側の終着駅にあたり、開通後は香港と広州南駅をたったの48分で結ぶという。
2018年9月23日、香港西九龍駅がオープンをする。この西九龍駅は広州~深セン~香港を結ぶ広深港高速鉄道の香港側の終着駅にあたり、開通後は香港と広州南駅をたったの48分で結ぶという。

その他の写真

因みに現在、ホンハム駅から広州東駅までは列車で約2時間(列車により停車駅数が違う)なのでかなりの時間短縮となり、中国本土への通勤者も増えるのではないかと言われている。

電車内や駅構内の路線図も西九龍駅開通に向けて着々と準備が進んでおり、西九龍駅はちょうど、オースティンとカオルーンの中間辺りに建設されている。

この西九龍駅の運用について多く議論されてきたのが『一地両検』についてである。つまり、西九龍駅の構内で香港の出国手続きを行った後に、続けて中国の入国まで済ませてしまうシステムの事である。(ちなみに現在はホンハム駅で香港の出国をした後は、広州東駅到着後に中国入国手続きを行っている)

西九龍駅にて中国入国手続きを済ませるために、中国の法律に基づいた出入境管理・税関手続き・検疫手続きを行う「内地口岸区」が設置される。一国二制度で独自の行政が行われている香港に於いて中国の法律が適用され事ついては反発の声も出たようだが、最終的に実施される運びとなった。

MTRオースティン駅のD出口の直ぐ目の前が西九龍駅となる。23日のオープンに向けて最終調整中だ。

長い議論と建設の末、中国本土への玄関口として大きな役割を果たすためにオープンする西九龍駅。今後の経済効果、社会的変化に注目をしてゆきたい。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港と中国を48分で結ぶ高速鉄道 」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事