【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」―韓国メディア

配信日時:2018年9月17日(月) 10時10分
韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」
画像ID  1025312
16日、韓国・ソウル新聞はこのほど、中国人留学生の大量流入を受け、韓国の大学生の間で「中国人嫌悪」が広がっていると報じた。写真はソウル・梨花女子大学。
2018年9月16日、中国メディアの海外網によると、韓国・ソウル新聞はこのほど、中国人留学生の大量流入を受け、韓国の大学生の間で「中国人嫌悪」が広がっていると報じた。

韓国教育部の資料によると、今年の外国人留学生は14万2205人で、昨年から14.8%増加している。そのうち中国人留学生は6万8537人で、全体の半数近い48.2%を占めている。韓国政府は23年までに外国人留学生20万人誘致を目標にしている。地方のあまり名前の知られていない大学にとって、中国人留学生は大学を正常に運営するための「保障」になっている。

中国人留学生は授業で「忌避」の対象となっている。韓国の学生たちは、韓国語があまり上手ではない中国人留学生とのグループ活動を避けたがるという。韓国人学生からは「国文学専攻の授業で韓国語を知らない中国人留学生と同じグループにされ困り果てた」「中国人留学生と同じ組にされると、単位は放棄するしかない」などの声が上がっている。一方で、中国人学生は「グループ作業の時、韓国語で上手に発表することはできないが、その分、資料調査に多くの努力を傾けている」などと述べている。

韓国中央大社会学科の申光栄(シン・グァンヨン)教授は、「文化の違いを理解する努力をすれば、中国人に対する先入観と偏見を消すことができる。同時に、自己中心的な思考を捨て、互いを理解する環境が造成されなければならない」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事