脱税事件のファン・ビンビン、海外大作映画への出演難しく?―米華字メディア

配信日時:2018年10月11日(木) 19時50分
脱税事件のファン・ビンビン、海外大作映画への出演難しく?
画像ID  1025262
11日、米華字メディア・多維新聞によると、巨額脱税が明るみに出た女優ファン・ビンビンをめぐり、米映画「355」の製作側から「代役を立てるかも」との発言が飛び出した。写真はファン・ビンビン。
2018年10月11日、米華字メディア・多維新聞によると、巨額脱税で中国当局から9億元(約146億円)近い支払いを命じられた女優ファン・ビンビン(范冰冰)をめぐり、米映画「355」の製作側から「代役を立てるかも」との発言が飛び出した。

「355」は世界の人気女優が集結するアクションスリラー映画。マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴなどと並んでファン・ビンビンの出演も明らかになっていたが、製作側は「政府、配給会社、中国の観客が満足する方法でスキャンダルから抜け出さなければ他の俳優を代わりに起用する」とコメントしたという。

記事は「ファン・ビンビン解雇を準備」とも指摘している。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事