ドニー・イェン主演、人気シリーズ「イップ・マン4」がクランクアップ!第1作目からちょうど10年―香港

Record China    2018年9月15日(土) 19時0分

拡大

14日、ドニー・イェン主演の人気シリーズ映画「イップ・マン」第4弾がこのほどクランクアップし、出演者やスタッフを集めた慰労パーティーが香港で行われた。

(1 / 6 枚)

2018年9月14日、ドニー・イェン(甄子丹)主演の人気シリーズ映画「イップ・マン」第4弾がこのほどクランクアップし、出演者やスタッフを集めた慰労パーティーが香港で行われた。文匯報が伝えた。

その他の写真

2008年公開の「イップ・マン 序章」からスタートした「イップ・マン」シリーズは、詠春拳の達人で、ブルース・リーの師匠でもあるイップ・マン(葉問)の人生を描いたもの。10年に2作目の「イップ・マン 葉問」、15年に3作目の「イップ・マン 継承」が公開され、第4弾が今年4月にクランクインしていた。

英国と上海で4カ月かけて撮影された同作は、今月13日にクランクアップ。14日、香港で慰労パーティーが行われ、ドニー・イェンはじめウィルソン・イップ(葉偉信)監督、3作目でアクション指導を務めたユエン・ウーピン(袁和平)監督など、シリーズに関わる多くの人々が集まった。

「まさか4作目まで続くとは、初めは予想もしていなかった」と感慨深げに語ったドニー・イェンだが、1作目の「イップ・マン 序章」の撮影時には、誰も記録的ヒットを想像しなかっただけでなく、「どうしてイップ・マンを演じるんだ」という不満や批判の声も耳に入ってきたという。

映画「SPL/狼よ静かに死ね」「導火線 FLASH POINT」から「イップ・マン」シリーズまで、ずっとタッグを組んできたウィルソン・イップ(葉偉信)監督とは信頼関係が深く、シリーズ4作目ともなると大きなプレッシャーを感じず、かなりリラックスして撮影できたことを明かしている。

「イップ・マン4」の公開時期については2018年と発表されているが、具体的な日程は明らかになっていない。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携