Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日本政府が11日にも国有化へ、中国にとっては新たな「国辱の日」―中国メディア

配信日時:2012年9月7日(金) 17時32分
拡大
7日、中国共産党系メディアは日本政府が11日にも尖閣諸島の3島を国有化する方針を示したことを受け、「日本は9月11日を中国の新たな『国辱の日』にしたいようだ」と報じた。写真は8月19日、杭州で起きた反日デモ。
(1/3枚)

2012年9月7日、中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」(電子版)は日本政府が11日にも尖閣諸島(中国名・釣魚島)の3島を国有化する方針を示したことを受け、「日本は9月11日を中国の新たな『国辱の日』にしたいようだ」と報じた。

その他の写真

記事は日本メディアの報道として、日本政府が11日に尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島の3島を所有する地権者と売買契約を結ぶ方針であることを複数の政府関係者が明かしたと伝えた。また、野田政権が「中国側の反発を最小限に抑えるため、できるだけ早く国有化する方針」であるとも報じた。

これを受け、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は7日、自身のブログで「日本政府は9月11日を中国の新たな『国辱の日』にしたい考えのようだ」と反発。在日中国人ジャーナリスト・莫邦富(モー・バンフ)氏も「9・11から9・18(満州事変の発端となった柳条湖事件)まで、『忘れることができない日本ウイーク』になりそうだ」と指摘した。

また、記事によると、「違法な手段で中国領土を盗み取ることをたくらんでいる日本政府」に対し、中国外交部の報道官は5日、「中国側の再三にわたる厳正な申し入れを無視し続けるのなら、中国の領土主権と中国人民の感情を著しく損なうことになる。日本側はこの問題を一体どの方向に持っていくつもりなのか?」と警告した。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<尖閣問題>「日本側からひどい交換条件」、中国の企業家が大手紙への広告掲載を断念―中国メディア

3日、米紙に続き日本の大手新聞に尖閣問題に関する意見広告を掲載する意向を示していた中国の企業家、陳光標氏が「受け入れがたい条件を突き付けられた」として広告掲載を断念したことが分かった。写真はニューヨーク・タイムズに掲載された陳氏の意見広告。

Record China
2012年9月4日 17時4分
続きを読む

<在日中国人のブログ>今こそ必要な長期的視点、日中関係には領土問題を超えた利益がある

27日、華字紙・中文導報の楊文凱編集長は「釣魚島には中国と日本が衝突するほどの価値はない」と題した記事を中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載した。写真は安徽省馬鞍山で開催された日中中小企業ハイテクプロジェクト商談会の様子。

Record China
2012年8月29日 12時26分
続きを読む

ランキング