2022年開業予定のジブリパークに、中国ネット「また日本に行く理由が増える」「中国にはいつできるのか」

配信日時:2019年1月3日(木) 0時20分
2022年開業予定のジブリパークに「また日本に行く理由が増える」
画像ID  1024970
中国版ツイッターで愛知県長久手市の愛・地球博記念公園にオープン予定の「ジブリパーク」の概要が紹介され、中国ネットユーザーから注目を集めた。写真は三鷹の森ジブリ美術館。
2019年1月2日、中国版ツイッター・微博でこのほど、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園にオープン予定の「ジブリパーク」の概要が紹介され、中国ネットユーザーから注目を集めた。

映画に関する情報を紹介する微博アカウント「毒舌電影」は「『ハウルの動く城』が現実になる!」としてジブリパークが2022年開園予定であることを紹介。「すべてのジブリファンよ集まれ!日本の愛知県にできるパークの最新の見取り図が明らかになった。パークは青春の丘、どんどこ森、ジブリの大倉庫、もののけの里、魔女の谷の5エリアに分かれている。『ハウルの動く城』や『となりのトトロ』などおなじみのシーンとコラボレーションした不思議な冒険の旅が始まるぞ」として、各ゾーンのイメージなどを掲載した。

この情報に対して、多くの中国のネットユーザーが歓迎や喜びの気持ちを示しており、中国におけるジブリ作品の根強い人気ぶりをうかがわせる。「やれやれ、また日本に行く理由が増えてしまったよ」「ああ、行きたすぎる!」「開業したら、日本のディズニーランドと一緒に遊びに行こう」「宮崎アニメの世界がまさか現実になるとは!」といったコメントのほか、「感激しすぎてどう表現したらいいのか分からない」と感極まるユーザーも見られた。

また、「むしろ、今までなかったことのほうが不思議。ようやくできるのかって感じだ」との意見も。さらには「これからディズニーのように世界に展開していくかもね」「中国にジブリパークができるのはいつだろう」など、中国にも同様のテーマパークが出現することに期待を寄せる声も出ている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/03 08:46)

    2005年の〈愛知万博〉に行ったとき『サツキとメイの家』を見たが普通の田舎家だった。果たして外国から見に来るほどの価値があるだろうか。愛知県には『名古屋めし』もあるから、それで満足してもらうしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/01/03 00:59)

    あれ?もうあるだろ?似て非なる劣化コピーの残念なテーマパークが。 パクりの殿堂の異名を持つ「石景山遊園」で今後ジブリキャラクターっぽい不細工な着ぐるみを増やすつもりなんだろ? アル君達にゃ~、その程度がお似合いだわな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事