中国首相の放った一言、日本の経済代表団が拍手喝采―中国メディア

配信日時:2018年9月14日(金) 14時40分
中国首相の放った一言、日本の経済代表団が拍手喝采―中国メディア
画像ID  1024806
13日、中国政府網は、中国の李克強首相が日本の経済界訪中団と会談した際、李首相の一言に日本側から大きな歓声が起こるシーンがあったと報じた。資料写真。
2018年9月13日、中国政府網は、中国の李克強(リー・カーチアン)首相が日本の経済界訪中団と会談した際、李首相の一言に日本側から大きな歓声が起こるシーンがあったと報じた。

李首相は12日、北京の人民大会堂で中西宏明経団連会長、宗岡正二日中経済協会会長、三村明夫日本商工会議所会頭率いる日本の経済界代表団約200人との懇談会に出席。訪問団に歓迎の意を示すとともに「双方の努力によって日中関係改善の動きは強まり続けているが、そのなかで日本の経済界がアシスト役を果たしている」「日中両国は自由貿易の受益者であり、台頭しつつある保護貿易主義に共に反対し、自由貿易を守って世界経済の回復、安定をもたらす責任がある」と語った。

三村会頭が「日本企業が中国事業展開時に遭遇する問題や難題をまとめたものを渡したい。ここに書いてある問題について、中国の各政府機関が真剣に対処し措置を講じてくれていることに対し、感謝の意を表する」として一冊の白書を手渡すと、李首相は「ぜひくさだい。関係当局に対し、あなた方が提起した合理的、合法的な要求の解決をさらに進めるよう督促する。私たちの責任者は積極的に問題解決の手助けをする」と返答。この発言に、日本代表団からは大きな拍手と歓声が起こった。

李首相は「日中両国は世界の産業チェーンの異なる段階に位置しており、相互補完性が高い。互いに悪性の競争をすべきではなく、企業がそれぞれの強みを発揮し、現地の法律を守る前提の下でともに第三者市場を開発するよう導かなければならない」と強調した。

さらに「世界情勢が時々刻々と変わるなかで、中国の貿易・投資状況も大きな変化が生まれている。日中関係の改善は互いにとってチャンスであり、日本企業はこの好機を生かせばきっと大いに活躍できることだろう」とした。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/09/15 01:29)

    日本の財界から見れば、今のアメ、というかトランプは敵だろうからな。 財界にイデオロギーなんぞ関係がない「自分たちを”濡れ手に粟”状態」にさせてくれる者に付くってだけの話だ。そして「金の切れ目が縁の切れ目」。 ただ、財界が育ててきた安倍自民という「財界のカイライ政権」は、同時にアメの狗でもあるもんだから経済と外交に齟齬が生じ始めている。 「バランサーを自称してる某国」のように、米中の間で中途半端な立ち位置にならなきゃいいけどね。 まあ、この貿易戦争もトランプが失脚するまで我慢すれば済む話かも知れないが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/14 19:46)

    日本経済界が中国を歓迎しても、日本政府は警戒心を解いていない。それが政治と経済が切り離された近代国家である。政治家の意向で経済の流れが変わる中国には理解できないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/09/14 18:16)

    二階の選んだ連中だろう、中国側が行ったことを理解出来ていないのだろう「現地の法律を守る前提の下でともに第三者市場を開発するよう導かなければならない」と強調されたのだ。好き勝手に創れる法に従えといっているのだが^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事