世界で最も影響力のある7大スマホメーカー、中国から4社―米華字メディア

配信日時:2018年9月14日(金) 22時50分
世界で最も影響力のある7大スマホメーカー、中国から4社
画像ID  1024776
13日、米華字メディア・多維新聞は、「世界で最も影響力のある7大スマートフォンメーカーに中国から4社が入った」とする記事を掲載した。写真は華為の店舗。
2018年9月13日、米華字メディア・多維新聞は、「世界で最も影響力のある7大スマートフォンメーカーに中国から4社が入った」とする記事を掲載した。

記事は、香港の市場調査会社「カウンターポイント」のレポートを引用。「今年第2四半期、中国企業は世界のスマホメーカーの主導的地位を占めた」と指摘し、華為技術(ファーウェイ)、OPPO、小米(シャオミ)、vivoが上位7社に入ったことを伝えた。

記事によると、第2四半期は韓国サムスンが売り上げの20%以上を占め、2位以下は華為(15%)、米アップル(11%)、小米(9%)、OPPO(8%)、vivo(7%)、韓国LG(3%)の順。華為に関しては「中国スマホ市場の成長が鈍る中、出荷台数の伸びは最速」と報じている。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事