日中露が軍事同盟?日本人教授が見解―露メディア

配信日時:2018年9月15日(土) 8時0分
日中露が軍事同盟?日本人教授が見解―露メディア
画像ID  1024750
12日、RIAノーボスチは、筑波大学の中村逸郎教授が「日本の安倍晋三首相は日露会談で日本がロシアと中国と共に合同軍事演習に参加することを希望した。これは将来的に三国間での軍事同盟につながるであろう」と予測していると伝えた。資料写真。
2018年9月12日、ロシア連邦国有通信社のRIAノーボスチは、10日にウラジオストクで行われた日露首脳会談を受け、ロシア問題の著名な専門家、筑波大学の中村逸郎教授にインタビューを行った際、同教授が「安倍晋三首相とプーチン大統領の会談で、日本はロシアと中国と共に2019年の『ボストーク』連合軍事演習への参加を希望した」と明らかにした上で、「日露中の三国で軍事同盟を結ぶであろう」と予測したと伝えた。

記事によると、10日の安倍首相との会談で、ロシアのプーチン大統領は「日露両国の関係は着実に発展しており、これはまた両国の軍事部門に関連する最初の会談でもある」と強調したという。

中村教授は「昨年6月に中露両国の国防大臣はカザフスタンにて両国の軍事協力を行うことで合意しており、中国は今年、ロシアが行う軍事演習『ボストーク2018』(9月11日~17日)に参加している」とし、「『ボストーク2018』が東方経済フォーラム(9月11日~13日、ウラジオストクで開催)と同時期に開催されるのは決して偶然ではなく、これは経済フォーラムではあるもののある種の防衛的な性質を帯びている。また、自衛隊の統合幕僚長による今年10月のロシア訪問も日本が今後の軍事演習に参加を希望していることと関係があり、日本が来年9月に開催される『ボストーク』関連の演習に参加することにより、三カ国合同軍事演習となる予定である。現在、日露中の間で行っている経済協力は、軍事協力に変わるだろう」との見方を示したという。

また、記事は同教授が「日本は防衛問題では米国に依存しているが、日米同盟は米国なしには成立しないものである。しかし、米国政府は韓国と日本の防衛費を削減しており、これにより日本は他の方法を探さざるを得なくなっている。また、日露中間で新たな同盟を結ぶことにより、日本がこの10年間、常に懸念してきた中国の軍事力増強と北朝鮮の核問題を解消することができるだろう」との認識を示したとも伝えている。

一方で、同教授は「新たな軍事同盟はトランプ氏が依然として米国大統領である状況で発生するものであり、もし新しい大統領が軍事費増強を発表した場合、この新たな同盟は日本にとって魅力を失うだろう。しかし、新大統領就任前に新たな同盟を結んだ場合、それを捻じ曲げることは不可能である」と見ているといい、最後に「新たな世界情勢が現れ、時間は絶えず流れていくが、米国は何も変わらないだろう」と述べたという。(翻訳・編集/南部)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事