集合住宅の撤去問題、1階住人との協議まとまらないうち建物上部から解体を開始―中国

配信日時:2018年9月15日(土) 16時50分
集合住宅を撤去、1階住人と話つく前に建物上部から解体開始
画像ID  1024717
陝西省にある5階建て集合住宅で、1階部分の住人と退去について協議がまとまらないうちに、建物の撤去作業が始まった。業者は、建物屋上にショベルカーなどの重機を上げて、建物上部の解体作業を始めた。
陝西省メディアの華商報は13日、同省商洛陽市山陽県にある5階建て集合住宅で、1階部分の一部住人と退去について協議がまとまらないうちに、建物の撤去作業が始まったと報じた。当局側の委託を受けた業者は屋上にショベルカーなどの重機を上げて、建物上部の解体作業を始めた。

その他の写真

同住宅は、鉱業会社の従業員が資金を出し合って建設したという。鉱業会社はすでに倒産している。2階から5階までの住人は、当局側が提示した条件に同意して退去済みだ。

まだ残っているのは1階に住む5世帯で、部屋を商業用にも使っていたが、当局が提示した補償額が商業用物件より低額の住宅物件に適用される金額であるために、協議は進んでいないという。

解体を請け負う業者は12日までに、重機を建物屋上に上げるなどで解体作業を始めた。業者の責任者は、「数世帯が残っていることは知っているが、建物上部から解体しても1階部分の安全には影響がなく、作業場所と1階部分を仕切る防護ネットも設置した」と説明したという。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事