パナソニック、中国企業2社と協業して建築業界向けソリューション事業など

配信日時:2018年9月14日(金) 9時20分
パナソニック、中国企業と協業で建築業界向けソリューション事業など
画像ID  1024709
パナソニックは建築業界向けソリューション事業で中国企業2社と協業する。写真は、参画する予定の大規模都市開発プロジェクトが進められる雲南省昆明市の様子。
<日中経済・新事情>
関連用語:パナソニック、グロードン(広聯達科技股)、リンクデータ(北京聯動天翼科技)、昆明 / 名古屋大学、ヘルスケアシステムズ、上海 / BENLY、儷呼、EC

●パナソニック、中国企業2社と協業して建築業界向けソリューション事業
パナソニックは13日、中国の建築設計ソフトウエア会社最大手のグロードン(広聯達科技股、本社・北京)、バッテリーメーカーのリンクデータ(北京聯動天翼科技、本社・同)と建築業界向けソリューション事業で協業することに合意したと発表した。3社は建築現場作業員向け集合住宅関連事業、建物利用者の健康や快適性を考慮した高機能空間設計ソフトウエア開発、雲南省昆明市で決定した大規模都市開発プロジェクトへの参画などを進める。

●名古屋大学発ベンチャーのヘルスケアシステムズが上海に法人設立
名古屋大学発ベンチャーのヘルスケアシステムズ(本社・愛知県名古屋市)は13日、海外事業展開の第一弾として8月21日に上海で上海楽検生物科技を設立したと発表した。国内で販売している腸活チェック(腸内環境検査)やサビチェック(酸化ストレス検査)を中国向けにアレンジし、医療機関や健診センター、職域団体への展開とECサイトでの販売を予定する。当初は中国から検体を輸送し、国内の自社施設で検査を行うが、3年以内に中国に検査センターを設立する計画。

●各国ライターが日本のモノ・コトを紹介する「LiiiFE」の中国語版をリリース
越境EC事業を展開するBENLYは13日、世界各国のライターが外国人の視点で日本のモノ・コトを紹介する「LiiiFE(ライフ)」の中国語版「儷呼(リフー)」を12日にリリースしたと発表した。日本在住や留学経験のある中国人が日本のいいモノ・面白いコトを発信することにより、中国人に日本をより知ってもらう、親しんでもらうことを目的とする。「時尚(アパレル)」「美食(フード)」「美容」「旅行」「文化」の5カテゴリーを設ける。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事