「インドとの国境紛争地帯で中国軍が越境繰り返す」の報道―中国政府は否定、「実効支配ライン内で活動」

配信日時:2018年9月14日(金) 10時30分
「中国軍がインド側に越境」の報道、中国側は否定「ライン内で活動」
画像ID  1024703
中国・インド両国が領土問題で対立を続けているウッタラーカンドで、中国軍がインド側に越境したとされる報道があったことについて、中国報道官は「中国の国境防衛部隊は、実効支配ラインの中国側で活動をしている」などと否定した。
中国・インド両国が領土問題で対立を続けているウッタラーカンドで、中国軍が過去1カ月間に3度に渡り、インド側に越境したとされる報道があったことについて、中国政府外交部(中国外務省)の耿爽(グン・シュアン)報道官は13日の定例記者会見で、「中国の国境防衛部隊は、実効支配ラインの中国側で活動をしている」などと否定した。

ウッタラーカンド州はインドが全域を実効支配しているが、中国は同州北東部の約2000平方キロメートルを、自国領チベット自治区の一部と主張している。なお、ネパールも同州の約75平方キロメートルを自国領と主張している。

インドでは13日までに、中国軍が過去1カ月間に少なくとも3度に渡り越境し、「インド領内」に最大で4キロメートル侵入したなどの報道があった。

耿報道官は「中国の国境防衛部隊は、両国間の関連協定に従って、実効支配ラインの中国側で活動をしている。私の知るところによれば、中国領土内で定例のパトロールをしている」と説明した。

耿報道官はさらに、「習近平国家主席とインドのモディ総理が何度も話し合い、見解の相違については妥当に管理し、共同で国境地域の平和と安寧について重要な共通認識に達した」として、双方が緊張や問題が発生した際には、相互の意思疎通のメカニズムが構築されていると説明。メディアが煽り立てた場合、中印双方が見解の相違をコントロールすることに有害との見方を示した。

中印双方は国境線を巡り対立を続けている。1962年には中印国境紛争と呼ばれる事実上の戦争が発生した(中国軍がインドの実効支配地域を急襲し圧倒的に勝利)。現在は両国政府とも中印の関係の安定や経済交流の発展を望む考えをしばしば発表している。ただし、両国の対立がエスカレートする事態も時おり発生しているのが現状だ。

2017年にはブータンが自国領と主張するドクラム高原で中国軍が道路建設を始めたことでインドも現地に軍部隊を派遣し、中印両国の緊張が一気に高まる事態が発生した。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事