中国人とアフリカ人の国際結婚がますます当たり前に―海外メディア

配信日時:2018年9月14日(金) 14時10分
中国人とアフリカ人の国際結婚がますます当たり前に
画像ID  1024473
12日、中東カタールの衛星テレビ局、アルジャジーラのニュースサイトはこのほど、「なぜ中国人とアフリカ人の国際結婚が増え続けているのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年9月12日、中国メディアの環球網によると、中東カタールの衛星テレビ局、アルジャジーラのニュースサイトはこのほど、「なぜ中国人とアフリカ人の国際結婚が増え続けているのか」とする記事を掲載した。以下はその概要。

中国によるアフリカでの貿易と投資が増加するにつれ、中国人とアフリカ人の国際結婚はますます当たり前になってきている。中国ではこうした異民族間の結婚はまだ目新しいものだが、現在、100万人以上の中国人がアフリカ大陸で生活や仕事をしており、中国で暮らすアフリカ人の数も急増している。

アルジャジーラのエイドリアン・ブラウン記者は「40年前、外国人が中国で長期間生活することは想像できなかった。ましてや結婚なんて。だが今では、このような結婚はもはや例外的なことではない」と伝えている。

カメルーン出身のサンドラメイドさんと中国人の夫のゾウ・チエンシュンさんは2007年に結婚した。彼らは日々の生活をSNS上で発信し、多くのファンを獲得している。一方でゾウさんは「国際結婚は簡単ではない」とも話している。ゾウさんの母親は「アフリカの女性と結婚するなんて。いつでもここを離れてしまうかもしれないのに」と反対だったという。アフリカ人に対する差別を減らすための道のりはまだ長い。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事