わが子をかばって自らが「おとり」に=スズメバチに230カ所以上を刺された女性、安定した容態に―中国

配信日時:2018年9月13日(木) 23時20分
わが子かばいスズメバチに230カ所刺された女性、一命を取り留める
画像ID  1024233
湖北省十堰市竹山県で1日、母子3人がスズメバチの群れに襲われた。母親は6歳と4歳の息子をかばうために自らが「おとり」になって230カ所以上を刺され、一時は危険な状態に陥っていたが、12日までに安定した。
中国メディアの新浪網は12日、湖北省十堰市竹山県で1日、スズメバチに襲われ、6歳と4歳の息子をかばうために自らが「おとり」になって230カ所以上を刺され、一時は危険な状態に陥っていた女性の容態がすでに安定したと紹介する記事を掲載した。息子2人も大量に刺されたが、安全な状態という。

黄彩霞(ホアン・ツァイシア)さん(31)は1日、息子2人と山のふもとの停留所でバスを待っていた。6歳の長男が突然に大声で「痛い!ハチに刺された」と叫んだ。見ると、ハチが2、3匹、飛んでいた。ところがすぐに、ハチの大群が「黒いかたまり」のようになって飛来した。スズメバチの襲撃だった。

黄さんはすぐに、息子2人を道路脇の草むらの中に伏せさせた。そして自分は草むらから出て、別の方向に走った。スズメバチの群れは黄さんを追い、次々に刺した。黄さんは短い袖の服を着ていたので、頭、首、腕がスズメバチで覆われた。黄さんは痛みに耐えかねて、路上に倒れた。

ハチの群れは数分後に去った。黄さんは息子がいた場所に戻り、何とか携帯電話を取り出して家族に連絡した。家族が現場に駆けつけ、救急車の出動を要請した。母子3人は竹山県人民医院(病院)に搬送された。

黄さんらにとって運がよかったのは、十堰市太和医院の救急科の専門医師数人が講演のために竹山県に来ていたことだった。「スズメバチに刺された人がいる」と聞いた医師らは、竹山県人民医院に駆けつけた。

専門医らは黄さんが230カ所以上、2人の男の子も30カ所以上を刺されていたことを重視。しかも、黄さんにはハチの毒で赤血球が破壊される溶血現象が出はじめており、肝機能、腎機能、肺機能も低下しつつあった。黄さんら3人はただちに、設備がより整っている十堰市太和医院に転院することになった。

黄さんの夫は地元を離れて仕事をしており、妻と息子が治療を受けている病院に到着するのに時間がかかった。「私が病院に着いた時に、妻は集中治療室にいた。とても危険な状態だった」という。ただし黄さんの夫は「妻の行動を意外とは思わない。もし私がいたとしても、同じことをしただろう」と述べた。

3人の治療の責任者を務めた十堰市太和医院救急科の曾桓超(ズン・ヘンチャオ)医師は、230カ所も刺された黄さんを見た時に、「わが子を守ろうとする母親の本能に、本当に感動した」と述べた。

曾医師によると、スズメバチに30カ所以上を刺された場合には、死亡する可能性が高まる。黄さんも息子2人も幸いに持ち直し、12日時点までには容態が安定した。治療開始が早かったことと、専門の医師が適切な処理をしたことで、命を取りとめることができたとみられている。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事