新生・日本代表の完勝劇、中国のサッカーファンが絶賛=「マジで強い」「日本には勝てやしない」

配信日時:2018年9月12日(水) 14時10分
「マジで強い」=新生・日本代表の完勝劇を中国サッカーファン絶賛
画像ID  1024154
新生・日本代表に中国のサッカーファンも注目している。11日、日本代表はパナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦。3—0で完勝し、ワールドカップ後の初戦を飾った。
新生・日本代表に中国のサッカーファンも注目している。11日、日本代表はパナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦。3—0で完勝し、ワールドカップ(W杯)後の初戦を飾った。

森保一新体制の初戦となったこの試合で、日本は若い選手が躍動した。10番を背負った24歳の中島翔哉は、試合を通してキレのあるドリブルでチャンスメイク。16分にはコーナーキックを佐々木翔に合わせて相手のオウンゴールを誘発した。23歳の南野拓実も前半に決定的なシュートを放つなど存在感を示し、66分には中島、遠藤とつないだボールを左足で沈めて代表初ゴールを決めた。20歳の堂安律も随所で技術の高さを見せ、堂安と交代で入った25歳の伊東純也は終了間際に左足の強烈なシュートで代表初ゴールをマークした。

中国のサッカーサイト・捜達足球の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、この他にも、いずれも23歳の室谷成、三浦弦太が先発出場したことに触れ、「森保一監督の初戦となったこの試合では、多くの若手選手が起用された」と伝えている。また、投稿には日本の三つのゴールシーンの映像も付されている。

中国のサッカーファンからは、「日本を見てみろよ…」「マジで強い」「うらやましくて焼きもち」「日中の差は20年。ここ数年はどんどん差が開いている」「(日本には)勝てやしない、勝てやしないよ」「日本はW杯常連国を一蹴し、中国はバーレーンに引き分けるのがやっと」「(日本と中国を)比べなければ傷つかないよ」「中国なんて、日本の主力組と試合をさせてもらえるだけで幸せ」など、手放しの称賛が寄せられている。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/09/12 20:56)

    大丈夫だ。中国にも日本の監督を就任させ今までの金満サッカーを払拭し、多くの若い選手で再構築し直せば近い将来きっと強くなれる。あとはどれだけ政治性と切り離せるかだな。 隣を見てみろ、政治性とプロパガンダをサッカーに持ち込んでしまったから衰退が止まらないぞ。 中国サッカーの方がまだファウルが少ない分、相手に肘鉄かまさない分クリーンだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事