<コラム>福岡で多くの国際人が育っている!

竹田 慎    2018年9月27日(木) 23時40分

拡大

以前のコラムで、娘たちの移住、教育のために「福岡雙葉小学校を選びました」と書きましたが、実際に福岡市による調査結果でも、約9割の外国人留学生が福岡での生活に満足しているという結果がでているそうです。写真は筆者提供。

(1 / 3 枚)

以前のコラムで、娘たちの移住、教育のために「福岡雙葉小学校を選びました」と書きましたが、実際に福岡市による調査結果でも、約9割の外国人留学生が福岡での生活に満足しているという結果がでているそうです。

その他の写真

あれから娘たちも5年生と1年生に進級しましたが、下の娘が雙葉小学校の1年グローバルコミュニケーション(GC)コースに進学して、GCコースがますます進化し、児童たちの家族もますます国際色豊かになっていることに気づきました。参観日で会うクラスメートのファミリー自体も国際人が多く、LA出身で上海から引っ越してきたアメリカの夫妻、オーストラリアから引っ越してきた中国人と日本人の夫婦などDIVERSITY(多様性)にあふれています。

担任の先生もアメリカ人で、日本人の先生が副担任でサポートするような体制で、まだ日本語が苦手な下の娘も気兼ねなく、自信をもって楽しく学校に通っています。やはり国際人を育てていくには、国際人のファミリーが集まる場所になり、その多様性を許容できる環境を学校が作ってくれていることが大事。同時に日本語の学習、文化もしっかり教えてくれる。それを実現させてくれている雙葉小学校の努力と進化に大変親として感謝しているとともに、娘たちが社会人として旅経つ15年先には、日本にも多くの国際人が育っていることを福岡で実感しています。

■筆者プロフィール:竹田 慎 米カリフォルニア州立大学卒。95年より中国に渡り、中国最初の国際ゴルフ試合、VOVLVO OPENの開催のために従事。98年に竹田ゴルフ設立。01年に健康用品の販売会社、三和トレーディング設立。のべ11ブランドの日本とアメリカブランドの中国総代理ビジネスとともに、加盟店を含めるとのべ320の小売店を中国全土に展開した経験をもつ。16年からはWECHATを使ったマルチネットワーク販売も開始。現在は、日本主要ブランド等の実践的海外コンサルティングも行い、海外有力代理会社の紹介、交渉から問題を解決するフィクサー役までマルチタスクをこなす。 関連サイトはこちら

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携