Record China

ヘッドライン:

日本の民泊を中国の女性3人が荒らしまくった問題、主人は「見たことのない状態」と改めて憤り―中国紙

配信日時:2018年9月12日(水) 16時10分
拡大
12日、日本の民泊施設を利用した中国の女子大生3人が部屋の使い方で非難を浴びた問題で、北京青年報は施設の主人から「見たことのない状態だった」とのコメントが寄せられたことを報じた。資料写真。

2018年9月12日、日本の民泊施設を利用した中国の女子大生3人が部屋の使い方で非難を浴びた問題で、北京青年報は施設の主人から「見たことのない状態だった」とのコメントが寄せられたことを報じた。

中国で大反響を巻き起こしたこの問題は、中国人が日本で経営する民泊を利用した女子大生3人が大量のごみを散らかすなど、荒れ放題にしたまま退出したことが発端。主人が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿した写真では、部屋や洗面所に大量のごみが散らばる様子や便座の上に椅子が置かれた様子などが示されており、同紙記者は主人から「3人はAirbnb(エアビーアンドビー)を通して6月に予約を入れた。部屋の利用は5日から10日まで。チェックアウト当日の午後に掃除に行ってみると、これまで見たことのない状態になっていた」との説明があったことを伝えた。

主人は女性らがチェックインする際、「ベランダにある3個のごみ箱にごみを分類して入れてほしい」と伝えており、Airbnbのサイト上でもごみマナーや部屋の使い方について注意を促していたそうだ。今回の事態を受け、6666円を女性らに請求するという。

一方、記事によると、女性客3人のうちの1人とも連絡が取れたといい、この女性は「謝罪して賠償金の支払いにも応じたい」との考えを示しているという。女性は個人情報が暴露されたり、迷惑電話がかかってきたりするなどのトラブルに遭っていると明かしたそうだ。双方は現在、解決に向けた話し合いを進めているという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

Airbnbの「万里の長城に宿泊できるコンテスト」中止に=中国メディア「北京の当局は圧力感じ合意取り消した」

8日、中国中央人民ラジオは、民泊仲介サイト最大手のAirbnbが企画した中国の「万里の長城」で一夜を過ごす機会を得るコンテストが中止となったことについて「北京の当局は一度は合意したが、圧力を感じ取り消した」と報じた。写真は八達嶺長城。

Record China
2018年8月9日 23時0分
続きを読む

ランキング