韓国で「米軍慰安婦」テーマの演劇制作=ネットからは懸念の声「日本軍慰安婦とは違う!」

配信日時:2018年9月12日(水) 16時40分
韓国、今度は「米軍慰安婦」が声を上げる?ネットからは懸念の声
画像ID  1024139
11日、韓国・MBNによると、1960年代から80年代にかけて在韓米軍基地の横で暮らした韓国人女性たちが、自身の人生を語るため演劇に出演する。資料写真。
2018年9月11日、韓国・MBNによると、1960年代から80年代にかけて在韓米軍基地の横で暮らした韓国人女性たちが、自身の人生を語るため演劇に出演する。

記事は「私たちが忘れかけている歴史」とし、「1960年代から80年代まで、在韓米軍基地の横には貧しさからやむを得ず売春婦となった米軍慰安婦女性たちが暮らしていた」と伝えている。今回の演劇はそのうちの3人(キム・ギョンヒさん、キム・スクチャさん、クォン・ヒャンジャさん)が主人公で、台本は女性たちの体験談をもとに作られる。最初の顔合わせまでには5年を要したという。ギョンヒさんは「生活が苦しく、お金を稼ぐため米軍基地村に行った。演劇を始めるのはとてもつらかった」と話している。

また記事は「1970年代に朴正煕(パク・チョンヒ)政府主導で米軍基地村浄化事業が行われた際も性売買は違法だったが、大統領直属の委員会は女性たちを米軍慰安婦と呼んで管理した」と説明している。女性たちは向精神薬を飲まされ、性病治療の過程で死亡する人もいたという。スクチャさんは「管理は国がした。私は606号(梅毒治療薬)を飲んで死んだ女性も見た」と話した。ヒャンジャさんは「社会から売春婦と軽視され、養ってきた家族からも人間扱いされなかった」と話したという。

韓国の裁判所は今年、米軍慰安婦の存在と国の責任を認め、慰謝料の支払いを命じた。しかし、真相究明と生活支援を盛り込んだ法律案は今も国会で保留のままという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「生活が苦しいとの理由で本人が選択したんしょ?。それを慰安婦と呼べる?」「中には人身売買のため連行されたかわいそうな人もいるかもしれないけど、日本植民地時代と一緒にしてはいけない」「米軍慰安婦との表現は、日本軍慰安婦女性たちを侮辱している」など、慰安婦との表現に疑問を示す声が数多く寄せられている。

その他にも「全く事情が違うのに、勘違いして日本軍慰安婦女性を批判する人が出てきそう」「慰安婦は強制じゃなかったという日本政府の主張を後押しすることにならない?」と懸念する声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事