Record China

ヘッドライン:

日本の右翼団体幹部による慰安婦像を蹴る動作に台湾地区で抗議活動

配信日時:2018年9月12日(水) 13時40分
今月10日、台湾地区の「日本台湾交流協会」台北事務所前に、約100人が集まり、日本の右翼団体幹部が、中国国民党台南市党部近くに設置された慰安婦の銅像に向かって足を上げて蹴るような動作をする様子が街頭カメラに映っていたことに対して、「台湾の人々を侮辱した」と抗議する活動があり、日本政府に対して謝罪を求めた。新華社が報じた。

台湾地区の中国国民党台南市党部近くに8月14日、慰安婦の銅像が設置された。報道によると、それを受け、「日本台湾交流協会」台北事務所の沼田幹夫代表が、国民党の呉敦義主席と馬英九前総統に「極めて残念だ」と伝え、銅像の撤去を求めた。そんななか今月6日に慰安婦像設置問題について抗議するため国民党台南市党部を訪れていた日本の右翼団体「慰安婦の真実国民運動」の藤井実彦幹部が銅像に向かって足を上げて蹴るような動作をする様子が街頭カメラの映像に記録されており、それに対して、台湾では大きな憤りの声が上がっている。

抗議活動に参加した人は、「堅靭(絶対抗議)」と書かれた白いTシャツを着て、顔には白いマスクをかぶり、「藤井実彦は謝れ」と抗議の声を上げていた。また、慰安婦像のレプリカのほか、藤井幹部が慰安婦像を蹴る様子を捉えた画像を印刷した紙を手に、強い不満の表情を露わにしていた。

国民党民意代表の王育敏氏は、「日本は『慰安婦』に対して謝罪、賠償をするどころか、像を蹴るような行為を見せる事件まで起こし、こうした慰安婦の人権を踏みにじる行為には憤りを感じる」と指摘する。

抗議に参加した台北市の市民・王さんは、「このような侮辱行為は耐えられない。台湾の今の政権がもしこのような行為を非難しないのであれば、総辞職すべき」と強く抗議した。

台南市の慰安婦人権平等促進協会の黄淑貞・理事長は、参加者を代表して「日本台湾交流協会」に抗議文を提出した。

台湾婦女救援基金会は1992年に、ホットラインを立ち上げて慰安婦の調査を始め、集められた情報や学者、専門らの調査で、元慰安婦59人の生存を確認したが、そのうち今も存命が確認されたのはわずか2人だという。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング