中国で資生堂など35種類の化粧品が不合格に?=中国ネット「抜取検査した製品は偽物」

配信日時:2018年9月12日(水) 13時10分
中国で資生堂の化粧品が不合格に?でも調べたらそんな商品なかった
画像ID  1024121
11日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、国家薬品監督管理局による検査で、資生堂など35種類の化粧品が不合格になったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年9月11日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、国家薬品監督管理局による検査で、資生堂など35種類の化粧品が不合格になったと伝えた。

記事は、「国家薬品監督管理局が公表した化粧品の抜取検査で、35種類の化粧品が不合格となった」と紹介。これには資生堂のアネッサ日焼け止めなどが含まれるという。中国のネットユーザーからは「アネッサですら不合格になるなら、いったい何を信じたらいいの?」「輸入品といってもすべてが良いものとは限らない」「やっぱり日本で買った方がいいな」などのコメントが寄せられた。

しかし、国家薬品監督管理局の通知では、抜取検査した製品は「資生堂のアネッサ日焼け止めN SPF30+PA+++」となっているが、資生堂は当該製品の生産を否定している。実際、アネッサの公式サイトを見ても「SPF30+PA+++」という商品は存在していない。

これについて、ネット上では「資生堂は抜取検査された製品は製造していないと言っている。つまり抜取検査されたのは偽物ということ」と指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事