日本の経済界は「一帯一路」への参加を渇望―中国メディア

配信日時:2018年9月13日(木) 7時20分
日本の経済界は「一帯一路」への参加を渇望―中国メディア
画像ID  1024099
11日、環球時報は、日中経済協会や経団連などでつくる合同訪中団が、北京で行われた夕食会に出席したことを伝えた。資料写真。
2018年9月11日、環球時報は、日中経済協会や経団連などでつくる合同訪中団が、北京で行われた夕食会に出席したことを伝えた。

記事によると、合同訪中団団長で日中経済協会会長の宗岡正二氏は、代表団と中国商務部、国家発展改革委員会、工信部の関係者が全体会議を行い、日中両国の今後の経済産業協力について、率直な意見と情報の交換を行ったと語った。代表団の一部は新経済分野でリードしている浙江省杭州市を訪れる。宗岡氏は、イノベーション協力や新たなビジネスモデルを通して、日中両国の産業協力を発展させていきたいとの考えを示したという。

中国国際商会の于健龍(ユー・ジエンロン)秘書長は、「現在、世界的な範囲で貿易保護主義と単独行動主義が台頭しており、世界経済の発展に不確実性をもたらしている。日中両国は世界第2位と第3位の経済体として、経済のグローバル化と貿易の自由化を共同で推し進めていくべきだ。双方は医療や老人介護、科学技術イノベーション、人工知能などの方面で協力を発展させることができる」と語った。

豊田通商株式会社顧問の小澤哲氏は環球時報のインタビューに対し、「日本の経済界は、一帯一路構想へ参加し、中国企業と連携して沿線国家の市場を開発することを強く望んでいる。現在のところ、具体的な投資活動や目標、スケジュールはないが、日中両国による第三国の市場での活動には相当大きな潜在力があると信じている」と語ったという。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/09/13 11:41)

    だいぶ前に言ったはずだ。「お金の流れが不透明なうちは参加しない」と。 まずはそこからだ。日本は中国に対し金銭面だけでなく知的財産の面で何度も痛い目に遭っているからトラウマになってるのだよ。そこんとこ理解して納得させるだけのものを用意できないと望む回答は得られないぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/09/13 11:12)

    財界による毎年恒例の物見遊山的”お付き合い”訪中団で、主に時間的、責任的に”余裕のある人”が参加する、といわれている様ですが、「一帯一路」の具体的内容や範囲等々不明なのに具体的な企業活動の内容が言えるハズがありません。この方もどの程度の知識をお持ちかわかりませんが、場の雰囲気や訪中団、トヨタ等の手前上、こう言わざるを得なかったのでしょう。こんな外交辞令的コメントを大袈裟に記事にするところに中国の焦りがあるようですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/13 08:56)

    経済界は望んでも日本政府は望まない。すでに中国から巨額融資を受けた国は借金地獄におちいって〈中国被害者の会〉を結成している。加害者サイドに加わって利益を得たいと思う企業はあっても、被害者の仲間入りを望む国家は世界どこにも存在しない。中国の〈一帯一路〉もすでに行き止まりのようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事