安倍首相はトランプ米大統領と親密な関係を築きたいが、実際には難しい―華字紙

配信日時:2018年9月12日(水) 10時50分
安倍首相はトランプ大統領と親密になりたいが、実際は難しい―華字紙
画像ID  1023930
11日、華字紙・日本新華僑報は「安倍晋三首相はトランプ米大統領と親密な関係を築きたいが、実際には難しい」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年9月11日、華字紙・日本新華僑報は「安倍晋三首相はトランプ米大統領と親密な関係を築きたいが、実際には難しい」とする記事を掲載した。

記事は「安倍氏はトランプ氏との蜜月を強調するが、実際そうなのか、表面だけなのか」と疑問を提起。「2人の関係性をみると、安倍氏は今後トランプ氏に受け入れられないだけでなく、自民党総裁選でも打撃を受ける可能性がある。トランプ氏の言動は相変わらず予測不能だ。8月末には『パールハーバーを忘れない』と大真面目につぶやいた。米メディアは、安倍氏がトランプ氏との関係強化を放棄したとすらみている」と紹介した。

続けて、「安倍氏はトランプ氏との関係を改善しようとすれば、自らの主張を放棄せざるを得なくなる」と指摘。「たとえば貿易問題で、自動車に対する輸入関税を引き上げたが、狙いは日本だ。安倍氏は国内の支持率維持のため、トランプ氏に譲歩せざるを得なくなるだろう」と推測した。

さらに、「北朝鮮の核問題も同様だ」とし、「トランプ氏は雪解けムード演出のため、韓国との合同軍事演習を中止した。しかし、安倍氏は北朝鮮への強硬姿勢を崩していない。トランプ氏にとって日本はトラブルメーカーだ」とした。また沖縄問題にも触れ、「沖縄県知事選の結果いかんで、安倍氏はまたしてもトランプ氏に顔向けできなくなる。安倍氏は25日、トランプ氏と再び会談するが、成果を得るのは難しいだろう」と結んだ。(編集・翻訳/大宮)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2018/09/12 11:15)

    トランプ氏の頭の中にあるのは「合衆国の利益」だけ。 アメリカの富を持ち去ろうとするもの、アメリカに富を与えることに躊躇するものは全て「敵」。 そんな考えの大統領と親密な関係を築ける人間が存在するだろうか。 トランプ氏が勝利した瞬間から、日本は「とんでもない状態」に追い込まれている。そうでなくても属国(日米和親条約以来アメリカは日本を対等な相手と認識したことは一度もない)である。EUのような仲間もいない。むしろ事あるごとに敵対意識をむき出しにしてくる国に囲まれている。 こんな状況で経済を破綻させることは絶対にできない。そうならないよう耐え忍ぶことが最優先なのである。だからこそ臍を噛んで「次期大統領」でしかない人間のご機嫌伺いにすっ飛んで行ったのである。 国の代表者がそこまで耐えなければならない━━未だ「戦後」は終わっていない。でも殆どの国民はお花畑で酔いしれている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2018/09/12 11:06)

    妄想記事ですねぇ。 こういう苦し紛れの希望的観測が出てくると、安倍総理の外交が正しのだとわかります。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/09/12 10:59)

    また苦し紛れの擦りつけ記事か。 中国は米国の関税がとても痛くて代替的に日本を米国から引き離して何とか取り込もうとしているが、あまり効果や打開策がなくてイラついてるのがよくわかるな。 わかってるはずだが中国人にもう一度言っておく。 日本人はな~、嘘つきとデタラメほざくヤツは大嫌いなんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事