アリババ馬雲会長が来年に引退へ 後継は張勇CEO

配信日時:2018年9月11日(火) 19時10分
画像ID 
阿里巴巴集団(アリババ)の馬雲(ジャック・マー)会長は9月10日に手紙を公表し、1年後のアリババ20周年にあたる2019年9月10日、馬氏がグループ会長を辞任し、張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)が後を引き続くことを明らかにした。

馬氏は1年後に会長職に就くことになった張氏について、「パートナー制度の下での人材ピラミッドにおける『傑出したビジネスリーダー』」と評した。

張氏がアリババに入社して11年が経ち、2011年には淘宝商城から天猫(Tmall)が独立して業務を行うようになり、張氏が社長になった。張氏が中心になって立ち上げたダブル11(11月11日のネット通販イベント)は、今や世界最大のネットショッピングイベントに成長した。

張氏がCEOに就任してからの3年あまり、アリババは13四半期連続で健全な高度成長を達成し、馬氏から「未来に立ち、新たなビジネスモデルと業態のイノベーションデザインを行う勇気がある」と評された。また馬氏は、「アリババのたいまつリレーは彼(張氏)と彼の率いるチームに託される。私はこれが現在最もやるべき、最も正しい決断だと考えている」と述べた。

馬氏は後継者の計画について、「熟考と熟慮を重ね、10年にわたり真剣に準備をしてきた計画」であると述べた。また会長職を退くことについて、「アリババが個人の資質に頼った企業から、組織メカニズムに基づく企業、人材や企業文化を軸とした企業へのバージョンアップを果たしたことを意味する」と述べた。

馬氏はアリババ創業当時、102年間成長し続ける会社という構想を打ち出した。手紙には、「102年間も会社に併走することは誰にもできない。会社の持続的発展のよりどころとなるのはコーポーレート・ガバナンス、企業文化のシステム、切れ目のない人材ピラミッドであり、数人の創業者にばかり依存するわけにはいかない。まして私は自分の能力、精力、体力というものの限界をよく知っている。誰しも企業のCEOや会長の職を永遠に担い続けることはできない」とある。

馬氏は、「しっかりした制度を構築し、しっかりした独自の企業文化を形成し、一連の人材による後継者システムを育成し鍛え上げなければ、企業の継承発展という難題を解決することはできないと確信する。実際、2013年にCEOのバトンを渡した後も、私たちはこのような制度に基づき5年にわたり順調な運営を行ってきた」と述べた。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<