Record China

ヘッドライン:

中国は日米の貿易問題の先行きを楽観視していない―華字紙

配信日時:2018年9月11日(火) 19時10分
拡大
10日、華字紙・日本新華僑報は、「中国は日米の貿易対立の先行きを楽観視していない」とするコラム記事を掲載した。資料写真。

2018年9月10日、華字紙・日本新華僑報は、「中国は日米の貿易対立の先行きを楽観視していない」とするコラム記事を掲載した。以下はその概要。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプ米大統領が「日本政府の指導者との関係は良好だ。しかし、私が一度彼らに何らかの代償を要求すれば、良好な関係はすぐに終わるだろう」と述べたと報じた。日本のメディアは驚き、「トランプ氏の次の標的は日本だ」と報道。「中国は日米の貿易対立を楽観視するだろう」と予測する動きも出た。

トランプ氏が大統領に就任し、貿易戦を仕掛けて以降、日本は緊張してきた。その後、矛先が中国と判明すると、日本は難を逃れたと胸をなでおろした。不幸中の幸いとばかりに日米同盟によりどころを求めた。逆にトランプ氏の矛先が自分に向きそうになれば、中国にそれを向けようとする。

日本は第2次世界大戦後、軍事、政治、経済とも米国との同盟第一で来た。しかし、内容はすべてにおいて不平等で、トランプ氏が輪をかけて不平等な条件を突きつけようとしている。日本は世界に永遠の敵も永遠の友人もいないと知るべきだ。ビジネスマン出身のトランプ氏の気持ち一つで、日米同盟は崩れるものなのだ。(翻訳・編集/大宮)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本の中国への態度が韓国化する可能性」と中国メディア、日中関係改善で日米離間に期待?

日本と中国の関係が改善基調にあることを背景に「日本の中国への態度が徐々に韓国化する可能性がある」と中国メディアが伝えている。米中対立が激化する中、日本は中立を維持すべきとの趣旨で、そこには日米離間への期待感もうかがえる。写真は沖縄の米空軍基地。

Record China
2018年9月7日 12時40分
続きを読む

ランキング