中国は日米の貿易問題の先行きを楽観視していない―華字紙

配信日時:2018年9月11日(火) 19時10分
中国は日米の貿易問題の先行きを楽観視していない―華字紙
画像ID  1023566
10日、華字紙・日本新華僑報は、「中国は日米の貿易対立の先行きを楽観視していない」とするコラム記事を掲載した。資料写真。
2018年9月10日、華字紙・日本新華僑報は、「中国は日米の貿易対立の先行きを楽観視していない」とするコラム記事を掲載した。以下はその概要。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプ米大統領が「日本政府の指導者との関係は良好だ。しかし、私が一度彼らに何らかの代償を要求すれば、良好な関係はすぐに終わるだろう」と述べたと報じた。日本のメディアは驚き、「トランプ氏の次の標的は日本だ」と報道。「中国は日米の貿易対立を楽観視するだろう」と予測する動きも出た。

トランプ氏が大統領に就任し、貿易戦を仕掛けて以降、日本は緊張してきた。その後、矛先が中国と判明すると、日本は難を逃れたと胸をなでおろした。不幸中の幸いとばかりに日米同盟によりどころを求めた。逆にトランプ氏の矛先が自分に向きそうになれば、中国にそれを向けようとする。

日本は第2次世界大戦後、軍事、政治、経済とも米国との同盟第一で来た。しかし、内容はすべてにおいて不平等で、トランプ氏が輪をかけて不平等な条件を突きつけようとしている。日本は世界に永遠の敵も永遠の友人もいないと知るべきだ。ビジネスマン出身のトランプ氏の気持ち一つで、日米同盟は崩れるものなのだ。(翻訳・編集/大宮)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/09/12 01:11)

    いつもの煽り記事かと思ったら、ただの妬みだったか。 「日本は世界に永遠の敵も永遠の友人もいないと知るべきだ。」←中国は永遠の敵が多数と永遠の下僕がいるが、永遠の友人だけいないよなw 友とか敵とか小学校の休み時間のような基準そのものが偏った思考だってことに先ずは気づけよ。まるで北〇の拳みたいだぞw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/11 22:14)

    >私が一度彼らに何らかの代償を要求すれば、良好な関係はすぐに終わるだろう トランプ大統領は対日〈貿易赤字〉が大きいことを懸念しているようだ。しかし貿易赤字とは『米国が日本製品を多く買っている』ことを意味し、実は豊かさの証明である。逆に貿易黒字が大きければ『米国に日本製品を買う余裕がない』ことになる。赤字と黒字という言葉だけで判断したのだろう。赤字を黒字に転換すれば、米国経済は低迷するはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/09/11 20:07)

    何時までもポチでは居れず^^国民は少しはガツンと刺激が無いと独立国になる意味が解らないのだ^^防衛しないでも独立国になれると言うかの如くの^^反日野党の宣伝に乗せられている、大人になる為には、米国か中国からの刺激が必要なのかも知れない。^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事