Record China

ヘッドライン:

警察官舎がクリエイティブ集団のハブに変身したPMQ

配信日時:2018年9月14日(金) 17時40分
拡大
オールド・タウン・セントラルと呼ばれるエリアに位置するPMQ。PMQはその昔、中国建国の父といわれる孫文を始めとするエリートを数多く輩出してきた「中央書院」、そして後の「警察官舎」が生まれ変わった場所である。
(1/8枚)

オールド・タウン・セントラル(以下OTC)と呼ばれるエリアに位置するPMQ。PMQはその昔、中国建国の父といわれる孫文(孫中山氏)を始めとするエリートを数多く輩出してきた「中央書院」、そして後の「警察官舎」が生まれ変わった場所である。

その他の写真

PMQの意味はPolice Married Quarters(既婚者用警察宿舎)の頭文字を取ってつけられている。PMQは中央書院や警察官舎として使われてきた歴史的価値のある場所の再利用目的で誕生した。

現在このPMQは過去の歴史文化を伝える役割をする一方で、若手デザイナーのショップやスタジオが集まる「香港のクリエイティブ集団を牽引するハブ」として利用され、一般人も自由に出入りができて親しまれる存在になっている。

2014年にオープンしたPMQはハリウッド棟と、ストーントン棟の2つから成り立っている。

各棟にはかつて宿舎として利用された部屋があり、現在それらの小部屋は若手デザイナーのショップやアトリエ、カフェ、レストランなどに改装され、香港ならではの多くのグッズが手に入るアーティストの情報発信基地になっている。それぞれの階には多くのショップやスタジオが入っており、どこのショップも個性溢れている。

市内では見つからない一点もののグッズや、アーティストによる最新の作品が多い。感性豊かなセレクトショップが目白押しだ。香港発の商品が多いとあって、今では観光客が訪れる目玉スポットの一つにもなっている。

またアーティストのハブになっていることからも想像できる通り、館内には多くの隠れアートのようなものが存在しており、一般人の撮影のみならず雑誌やテレビでも多く取り上げられている。これらのアートは一定期間を経て変わっているので、訪れる楽しみの一つにもなっている。

最新のスポットとなっているPMQだが、昔ながらの歴史を感じる場所も幾つか残されている。地下展示ギャラリーでは、中央書院の基盤として使われていた岩やタイルなど、歴史・建築的価値の高い展示を無料で見ることができる。

警察宿舎で利用されていたポストもあり、古いポストの横には、現在利用されている新しいポストが設置されており、時の流れを感じることができる。最新クリエイティブ基地でありながらも歴史的価値のあるものを保存しているPMQ。ぜひ、一度訪れて新旧の香港を感じていただきたいスポットの一つである。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港PMQ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

香港・約8年振りの新デザイン!縦型の紙幣が登場

20ドル以上の5種類の紙幣がこの度新デザインになるという事で、先週香港金融管理局と3銀行による発表が行われた。2018年末に1000ドルと500ドルが導入され、2019年半ばには20ドル・50ドル・100ドルが導入される予定だという。

フライメディア
2018年8月7日 9時50分
続きを読む

ランキング