Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>中国・台湾・香港は日本批判で一致、世論誘導能力とその限界―香港英字紙

配信日時:2012年9月1日(土) 22時12分
拡大
8月29日、香港英字紙アジアタイムズは記事「海洋紛争が暴露したアジアの傷跡」を掲載した。中国の「棚上げ」戦略は完全に失敗したと評している。写真は8月22日、香港に帰港した抗議船乗員たち。
(1/8枚)

2012年8月29日、香港英字紙アジアタイムズは記事「海洋紛争が暴露したアジアの傷跡」を掲載した。31日、環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

世界第二の経済体・中国と第三の経済体・日本との争いは常に続いてきた。この世界経済危機の時代にあって中国の貢献は極めて重要だが、小島と岩礁からなる尖閣諸島がアジア太平洋地域の緊張を高め、地域の経済成長の障害となっている。

今回の尖閣上陸事件で特徴となっているのは中国本土のみならず、香港と台湾、すなわち中国語圏が声をそろえて日本を批判している点だ。民主化などの問題では中国、台湾、香港の足並みはそろわないが、こと領土問題に対しては意識が一致している。香港活動家の上陸から香港、台湾を巻き込んでの反日世論形成という流れは、中国政府の戦略的外交、世論誘導能力の高さを示すものとなった。

一方で経済への悪影響を避けるために日中は世論を冷却する必要もある。中国にとってもこれは難しい課題だ。インターネットの自由が作り出した「憤怒する青年」たちは今後さらに暴力的な行動を起こすことになるだろう。

ここ数日、中国には大量の北方領土問題の報道が流れ、ロシア艦艇の北方領土訪問などが報じられた。これは日本に対して怒っているのは中国だけではない、中国が戦端を開く必要はないという、「憤怒する青年」たちにあてたメッセージだ。

中国は経済成長が破綻するような衝突を避けるよう努力している。しかしながらトウ小平が唱えた「棚上げ」方針はもはや完全に失敗したと言わざるを得ない。中国は新たな解決方針を探さなければならない。それは日本の後ろ盾である米国との信頼関係を深めることとなる。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣問題>日本と徹底的にやり合うのは賢い選択ではない、真の愛国者が取るべき行動とは?―中国紙

28日、中国共産党系メディアは韓暁清・人民日報日本支社長の寄稿記事「日本とのゴタゴタは馬鹿げている、香港の『保釣』活動は国にとって有害行為」を掲載した。写真は17日、日本から飛行機で香港に戻った「保釣」活動家7人。

Record China
2012年8月28日 21時32分
続きを読む

オスプレイが尖閣を守る?沖縄県民「中国の脅威より米軍基地そのものが問題」―香港紙

23日、米軍の輸送機MV22オスプレイ12機が米軍岩国基地に搬入された。今後の配備先となる普天間飛行場のある沖縄では、尖閣諸島を共同で防衛するためという名目の下とはいえ、複雑な思いを抱える県民が多い。香港紙が報じた。写真は沖縄県石垣市。

Record China
2012年7月26日 5時0分
続きを読む

ランキング