太平洋戦争前、日本はなぜ世界一の空母大国になれたのか―中国メディア

配信日時:2018年9月11日(火) 0時20分
太平洋戦争前、日本はなぜ世界一の空母大国になれたのか―中国メディア
画像ID  1023418
8日、鳳凰網は、太平洋戦争前に日本が世界一の空母大国だった理由について解説する記事を掲載した。写真は米国の空母。
2018年9月8日、鳳凰網は、太平洋戦争前に日本が世界一の空母大国だった理由について解説する記事を掲載した。

記事は「日本は第2次世界大戦期、主要な海軍強国の1つだった。1941年に日本が太平洋戦争を仕掛けた時には空母を10隻所有しており、米英の8隻ずつを上回る世界一の空母大国だったのだ」とした上で、その背景について3つの点から解説している。

まず「日本は英国同様、海軍の発展が戦略の重点だった。領土拡張の意志が強くない米国は8隻の空母と数多の艦艇があれば自国の安全を守ることができ、英国も主たる戦場である欧州で各国と対抗する上で大量の空母は必要なく、8隻で十分だった。かたや日本は太平洋地域で優勢を保つこと、米英に対抗することから必死に空母を建造して、米英を上回る数の空母を保有するに至った」と説明した。

次に「第2次世界大戦前、空母は各国から補助的なものとみなされ、重要視されなかった。当時主戦力とみなされたのはトン数が大きく火力が強い戦艦だったが、財力や資源に限りがある日本は費用も材料も戦艦より少なく作れる空母に目をつけ、第2次大戦中に多くの空母を建造するとともに、多くの商船を空母に改造した」としている。

そして最後に「日本は列強の中でも後発国であり、1922年のワシントン軍縮会議では米英に威圧されて主力艦のトン数が米英の60%に制限された。一方で当時軽視されていた空母には厳しい制限が設けられず、そこに目を付けた日本は主力艦を空母に改造。かくして日本は戦艦や巡洋艦では米英に及ばないものの空母数では米英を上回り、第2次大戦初期には少なからず優位に立ったのだ」と解説している。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/09/11 09:29)

    日本は戦前からこうした空母を自前の技術で作れる力があった下地が、戦後の隆盛をもたらしたのです。更に戦前戦力としてなんら貢献しなかったが、戦艦大和を作った技術が、新幹線を作り、更にYS-11国産戦後の第一号機として生産された。この経緯は日本人も知るべきだ。戦前に活躍した技術者が戦後の技術革新をもたらし、先進国入りした。これが経緯なのです。 中国にはこうした経過が一度もなく、パクリパクリで中国独自の先進的技術が生まれない、そして、先進国入りのチャンスを逃したのです。 このまま、中進国しかも国内には日本の人口以上の社会不安要素の農民工を抱えて、この先は、中国は何国かの国に分散しなければどうにもならないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/11 07:08)

    >太平洋戦争前、日本はなぜ世界一の空母大国になれたのか 日本は〈繊維の輸出〉で儲かっていたなどと言われるが、実際には『日本人全体が飲まず食わずで建造費を貯めた』のである。それだけ日本人の危機意識が強く、また愛国主義も現代とは比べものにならなかった。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2018/09/11 01:09)

    昔から日本で、言われていた事を自分たちが分析したように書くな!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事