なぜ日本人はいつも歴史を作ることができるのか―中国コラム

配信日時:2018年9月10日(月) 17時40分
なぜ日本人はいつも歴史を作ることができるのか―中国コラム
画像ID  1023400
8日、新浪は「どうして日本人はいつも歴史を作ることができるのか」とし、テニス界における日本の躍進について解説するコラム記事を掲載した。写真は全米オープン会場。
2018年9月8日、新浪は「どうして日本人はいつも歴史を作ることができるのか」とし、テニス界における日本の躍進について解説するコラム記事を掲載した。以下はその概要。

プロ選手を育成するために、日本人は一大決心し、大々的に力を入れて効果的な計画を厳しく実施していくことができる。テニスでは90年代に「45計画」を提起した。これは日本テニス界の第一人者だった松岡修造氏の世界ランク最高位が46位だったことにちなみ、これを上回る選手を輩出すべく立ち上げられたプロジェクトだ。

プロジェクトは政府と企業が共に努力して進められ、日本全国から12歳以下の若い才能を選抜し、米国に送り込んだ。米国でのスクール在籍期間の費用はスポンサー企業が支援する。

錦織圭はこのプロジェクトで最も成功した人物だ。2002年から米国に留学し、テニススクールと日本人学校に通った。そして16歳の時にコーチや各種トレーナーなどからなる自分のチームを立ち上げた。その後世界の舞台で頭角を現し、2014年にはアジア人として初めてグランドスラムの決勝を戦い、15年には世界ランクを4位にまで上げた。

日本のテニス界がわれわれに与えるヒントは他にもある。絶えず出てくる若い予備軍の存在だ。日本の男子テニス界は錦織1人ががんばっているわけではなく、25歳のダニエル太郎、22歳の西岡良仁なども活躍している。大坂なおみはまだ20歳なのだ。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事