「中国から来た妖精!」女優リー・チンを絶賛の韓国メディア、表現がオーバーすぎて不気味?―中国

Record China    2018年9月10日(月) 11時10分

拡大

9日、このほど韓国・ソウルで行われたマルベリー(Mulberry)のショーに参加した中国の女優リー・チンが、「中国から来た妖精」と現地メディアに絶賛されている。

(1 / 8 枚)

2018年9月9日、このほど韓国・ソウルで行われたマルベリー(Mulberry)のショーに参加した中国の女優リー・チン(李沁)が、「中国から来た妖精」と現地メディアに絶賛されている。新浪が伝えた。

その他の写真

リー・チンは今月6日、ソウルで行われた英ファッションブランド「マルベリー」のローンチイベントに出席。ミニスカートから長い脚をのぞかせたガーリーなファッションと、端正な美貌が現地メディアの目を引き、「中国から来た妖精」「歩くチャイナドール」「思わず目を奪われる超大陸級のほほ笑み」「大陸を魅了した美しさ」「涼しげな美貌、人もうらやむ美脚」など、報道記事には美しさを称賛する文字が並んだ。

27歳の女優リー・チンは2010年、デビュー作となったドラマ「紅楼夢 ~愛の宴~」で注目され、これまでに数々の映画やドラマに出演。現在放送中の話題のドラマ「如懿伝」にも出演している。

韓国で美しさを絶賛されたリー・チンだが、メディアの書き立てたこれらの美辞麗句が、中国のネットユーザーの間で注目の的に。「いつも思うが韓国メディアのタイトルは大げさすぎ」「韓国ドラマと同じ。何でもオーバーで不気味だ」などといったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

エンタメ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携