大坂なおみ、セリーナに勝ち全米オープン優勝=中国ネットも称賛「これは番狂わせなどではない。実力だ」

Record China    2018年9月9日(日) 12時40分

拡大

9日、中国中央テレビは、8日に行われたテニス全米オープン女子シングルス決勝で、大坂なおみが優勝したことを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年9月9日、中国中央テレビ(CCTV)は、8日に行われたテニス全米オープン女子シングルス決勝で、大坂なおみが元世界1位のセリーナ・ウィリアムズに勝って優勝したことを伝えた。

記事は「テニス全米オープン第13日女子シングルス決勝では、今大会ダークホースだった20歳の大坂が、6―2、6―4のストレートでセリーナを破り、優勝した」と紹介。「セリーナは試合全体においてコンディションが悪く、審判に激しく抗議したため大坂に1ゲーム与えられるなどして敗北した。大坂は生涯初のグランドスラム制覇で、中国の李娜(リー・ナー)に続く、アジア2人目のグランドスラム制覇となった」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはあまりにすごすぎる」「これは驚いた。この優勝はあまりに実力での勝利すぎる」「これは番狂わせなどではない。実力だ」などのコメントが寄せられた。

また、「李娜のように強い。李娜は当時セリーナを相手に苦労していた。セリーナの手からグランドスラムを勝ち取ったという点で、大坂のこの優勝は価値がある」という意見もあり、大坂の優勝を称賛するコメントが多かった。

ほかには、「審判と争うセリーナはまるで大きな子どものようだった」というユーザーや、表彰式では地元のセリーナに声援を送っていたファンから大きなブーイングが起きていたため、「大坂なおみは本当にかわいそうだ。明らかに実力で勝ち取った優勝なのに、ブーイングされるなんて」というコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携