【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

米国、台湾と断交した中米3カ国の大使召還し「不満表明」―米華字メディア

配信日時:2018年9月9日(日) 13時50分
米国、台湾と断交した中米3カ国の大使召還し「不満表明」
画像ID  1023190
8日、米華字メディアの多維新聞は、米国が、最近台湾と断交したドミニカ共和国、エルサルバドル、パナマの3カ国に駐在する大使らを召還し、不満を表明したと報じた。写真は米国務省。
2018年9月8日、米華字メディアの多維新聞は、米国が、最近台湾と断交したドミニカ共和国、エルサルバドル、パナマの3カ国に駐在する大使らを召還し、不満を表明したと報じた。

それによると、米国務省の報道官は7日、3カ国に駐在する大使や代理大使を本国に召還したと発表した。国務省の声明によると、大使らは「中米とカリブ海地域の各地で、強力で独立した民主制度と経済を支援する方策」について、政府首脳部と協議するという。

多維新聞は「今回の行動は、台湾と国交を樹立している国々への中国の『ヘッドハンティング』に対し、米国が示した強烈な反応との見方が出ている」とした上で、「蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の就任後、パナマは17年6月、ドミニカ共和国は今年5月、エルサルバドルは同8月にそれぞれ台湾との断交を発表し、中国と国交を樹立した。台湾と外交関係がある国は17カ国に減少している。米国は台湾との間に正式な外交関係はないが、台湾にとって最も強力な同盟国であり、唯一の武器供給元でもある」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/09/09 19:30)

    台湾と断交した国は、その見返りに中国からの〈巨額融資〉が受けられる。しかしそれで国が豊かになるわけではなく、返済不可能な不良債権を抱かえて、中国に国を乗っ取られてしまう。米国が不満を表したのは、台湾と断交したことでなく、その〈うかつ〉さである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事