Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>魚釣島上陸の「右翼」に資金提供している日本企業、名指しで批判―中国紙

配信日時:2012年8月31日(金) 18時15分
拡大
31日、尖閣諸島の魚釣島への上陸を主催した「頑張れ日本!全国行動委員会」について、三菱重工、鹿島建設、パナソニックといった大企業が背後で資金面などのバックアップをしていると中国紙が報じた。写真は日本の地方議員らの尖閣上陸を伝える中国紙。
(1/4枚)

2012年8月31日、中国紙・武漢晨報は、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の魚釣島への上陸を主催した「頑張れ日本!全国行動委員会」について、三菱重工、鹿島建設、パナソニックといった大企業が背後で資金面などのバックアップをしていると報じた。

その他の写真

記事は、魚釣島に上陸した地方議員ら10人を同委員会の田母神俊雄会長をトップとする「右翼分子」だと指摘。こうした右翼思想は日本の政治家の間にも広く浸透しているほか、右翼団体を資金面でバックアップする財団や企業も多いと紹介した。

また、記事は同委員会が「東京都の『尖閣諸島』購入支援」募金活動を始めたところ、すでに14億円が集まったが、この中には三菱重工からの寄付金がかなり含まれていると指摘。メディアは企業による政治家や右翼団体への資金援助を一切報じないが、日本企業のトップは嫌中派が多く、右翼勢力への援助は「暗黙のルール」となっているとした。

記事は三菱重工、鹿島建設、アサヒビール、パナソニック、第一三共などの企業名を挙げ、「右翼組織に資金提供し、反中活動を支えている日本の企業」として紹介。こうした後ろ盾があるからこそ、日本の右翼団体は精力的に活動できるのだと批判している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

「日本政府は、右翼勢力の制止に乗り出せ」=専門家が日本の反中活動で警告―香港紙

15日、香港紙・文匯報によると、中国社会科学院の日本問題の専門家王鍵氏は「日本は姑息なやり方で中国の核心的利益を脅かし続けているが、さらに多くの問題を引き起こす可能性がある。日本側の自制を望む」と述べた。写真は南京大虐殺記念館を訪れる中国の中高生。

Record China
2012年5月16日 12時6分
続きを読む

「パンダの名は尖尖と閣閣にすれば」石原都知事の命名案に反応さまざま―中国版ツイッター

28日、東京・上野動物園のジャイアントパンダに妊娠の兆候が確認されたことについて、石原慎太郎都知事が「子どもの名前を尖尖と閣閣にしたら」と提案。中国メディアもこれに反応を見せている。写真は山東省煙台市の動物園。酷暑に負けて水を求めるパンダ。

Record China
2012年6月29日 17時35分
続きを読む

<尖閣問題>上陸人員の選考、「日本製品を破壊するような過激な愛国主義者は対象外」―香港民間団体

22日、尖閣諸島に不法上陸した香港民間団体のスポークスマンが談話を発表。上陸を決行したメンバーの人選について、「街頭で日本製品を壊すような“怒れる愛国主義者”を選ぶことはあり得えない」と話した。写真は8月19日、日本人が釣魚島に上陸したことを伝える中国各紙。

Record China
2012年8月22日 22時35分
続きを読む

ランキング