Record China

ヘッドライン:

アンディ・ラウが落馬事故のPTSDを語る、「後ろから車が追突」日常生活でも予期不安の悩み―香港

配信日時:2018年9月8日(土) 11時20分
拡大
7日、昨年1月に落馬事故に遭った俳優アンディ・ラウが、その恐怖の経験からくるPTSDを抱えていることを語った。写真はアンディ・ラウ。
(1/6枚)

2018年9月7日、昨年1月に落馬事故に遭った俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、その恐怖の経験からくるPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えていることを語った。新浪が伝えた。

その他の写真

アンディ・ラウは昨年1月、タイのバンコク郊外でCM撮影中、落馬事故に遭い重傷を負った。当時、馬が何かの影響で急に興奮し始め、乗っていたアンディ・ラウを地面に落としたのち、脚で踏みつけたもの。その結果、敏感な神経が集中している腰椎を中心に傷を負い、その後は長い入院生活を余儀なくされた。

今月3日、この事故により丸1年遅れで開催されることになったコンサートツアー「我愛 劉徳華世界巡回演唱会」(My Love Andy Lau)の記者発表会が、香港で行われた。出席したアンディ・ラウは事故を振り返り、心身に大きな後遺症を負っていることを告白。まず身体的には、一部の神経が破損して回復不能の状態にあり、今も足のかかとなどにしびれを感じるという。

さらに精神的にも、恐怖と苦痛の記憶からPTSDを抱えているという。日常生活だけでなく仕事の場面でも、ふとした瞬間に恐怖がよみがえることがあり、今回のコンサートツアーの舞台アレンジも、そういった要素を排除するものとなっている。このほか自動車を停車する時には、「後ろから車が追突してくるのでは?」などと急に予期不安に襲われることがある、とも語っている。(翻訳・編集/Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ライブチケット買い求める男性が刃物で切られる、アンディ・ラウが動画メッセージで遺憾の意―香港

27日、コンサートのチケットを買い求める人が刃物で傷つけられる事件が発生したことで、香港の歌手で俳優のアンディ・ラウが動画メッセージを公開し、遺憾の意を表した。写真は「My Love Andy Lau」ツアーのイメージ画とアンディ・ラウ。

Record China
2018年8月28日 22時0分
続きを読む

ランキング