Record China

ヘッドライン:

中国の映画興行収入、9年ぶりにマイナス―中国メディア

配信日時:2019年6月16日(日) 19時20分
拡大
2019年6月15日、観察者網は、界面新聞の報道を引用し、2019年1~5月の中国の映画興行収入と入場者数がいずれも前年同期比でマイナスになったと伝えた。

中国の映画情報サイト「猫眼」によると、19年1~5月の映画興行収入と入場者数がいずれも前年同期比でマイナス成長となったが、これは9年ぶりのマイナスだという。

具体的には、19年1~5月の興行収入は累計249億4100万元(約3990億円)で、前年同期比6.35%減となった。来場者数は延べ6億8900万人で、前年同期と比べ1億人減少した。

都市別に見ると、一線都市(北京、上海、広州、深セン)では減少幅が小さく、前年同期比で0.65%減だったが、二線都市(地方の中核都市)では4.52%減、三線都市(二線都市以外の地方都市)は5.07%減、四線都市(経済文化で立ち遅れた地方の田舎都市)は7.55%減となった。

一方で記事は、Box Office Mojoのデータによると、19年第1四半期の米国の映画興行収入も減少しており、前年同期比12.6%減となったと紹介。これは2年連続の減少で、中国と米国の興行収入差は縮まってきており、プライスウォーターハウスクーパースは、20年には中国の映画興行収入が122憶8000万ドル(約1兆3330億円)となるが、米国は119億3000万ドル(約1兆2950億円)にとどまり、映画興行収入で中国が米国を超えると予測していることを伝えた。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

カンヌ映画祭に今年も登場した“謎”の人たち、「中国軍団」に無名女優までレッドカーペット荒らし

14日(現地時間)、開幕した第72回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、今年もお騒がせな人々が登場。スタッフの指示に従わず、カーペット上に居座り続けた無名の中国人女優も話題になり、ネット上では批判の声が上がっている。

Record China
2019年5月16日 11時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング