2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国政府主導のショッピングイベント、「買いたい物がない」と消費者から不満―中国紙

配信日時:2018年10月3日(水) 15時20分
韓国政府主導のショッピングイベント、「買いたい物がない」と消費者不満
画像ID  1022892
2日、環球時報によると、韓国で始まった政府主導のショッピングイベントに、消費者から「ちょっと見て回ったけど買いたい物がない」などと不満の声が上がっている。写真はソウル。
2018年10月2日、環球時報によると、韓国で始まった政府主導のショッピングイベントに、消費者から「ちょっと見て回ったけど買いたい物がない」などと不満の声が上がっている。インパクトに欠ける割引率が消費者らに不評だという。

今年で3回目となるこのイベントは先月28日にスタートした。週末を含む28~30日の3大デパートの売上高は前年同期比5~13%の伸びにとどまり、ある消費者は10~30%程度でしかない割引率や、ネットでより安く売られている商品があることへの不満を口にしている。

こうした状況について、韓国・亜洲経済は「韓国の流通業界に価格決定権がないため、ディスカウントの幅が制限される」と分析。米国の「ブラックフライデー」、中国の「独身の日」にならって価格決定を引っ張るメーカーが積極的にイベントに参加することを提案した。経済専門家からは「国内消費者だけでなく、外国人にも買い物してもらえるよう、セール品を増やすべき」との声が寄せられたという。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事