【募集中】韓国語社内スタッフ

証拠もなく性暴力犯罪者に!韓国でも「Himtoo」運動広まる=韓国ネットもヒートアップ

配信日時:2018年10月16日(火) 19時50分
証拠もなく性暴力犯罪者に!韓国でも「Himtoo」運動広まる
画像ID  1022870
15日、韓国・朝鮮日報は、韓国版「Himtoo」運動がインターネット上で勢いを増していると報じた。写真はソウル。
2018年10月15日、韓国・朝鮮日報は、韓国版「Himtoo」運動がインターネット上で勢いを増していると報じた。

「Himtoo」とは、女性らが性暴力の事例を告発する「Metoo」に対して、無辜(むこ)の性暴力で被害を受けた男性らの告発行為を意味する言葉。記事によると、韓国のインターネット上に先月8日に開設された掲示板の会員らは、今月27日午後1時にソウル市内で「有罪推定糾弾デモ」を開く。同掲示板は、昨年11月に大田(テジョン)のある飲食店で女性客の臀部(でんぶ)を触ったとして懲役6カ月の判決を受けた男の事件をきっかけに開設された。なお被告人は裁判所が保釈申請を受け入れ、今月12日に釈放されている。

同掲示板は、開設から1カ月で会員が5700人に増加した。デモまで開くことになった背景には「悔しい思いをする男性が相次いでいる実情がある」と記事は指摘する。掲示板運営者のキムさん(28)は「被害者の供述が一貫しているという理由だけで、明確な証拠もなしに犯罪者にするのは正しい司法原則ではないという点を知らせたい」と語っている。掲示板には、男性のみならず交際女性や母親・妹といった親族からも書き込みが寄せられているという。

ソウル市内の警察署の女性青少年係で勤務する刑事は「証拠が被害者の供述しかなく事件を不起訴にしようとしても、最近は決裁してもらえないムード」とし「司法機関が女性市民団体かの反発を嫌がるので起訴にしてしまうが、検察の調査段階で職場や家庭に通知書が届いた瞬間、被疑者の人生は終わったようなもの」と話している。

これを受け、韓国のネット上では20代の男女を中心に「あるニュースで『被害者の陳述が証拠』と言ってたけど、これはおかしい。ただ視聴率を上げるための扇動で、法律に無知なのを自ら認めているようにしか見えない」「女性もムードに流されずに慎重になるべき」「女性家族部をなくすべき。税金でフェミニズム団体を生かしてあげてるようなもの」「裁判官もおかしいけど、証拠もないのに起訴する警察、検察は何?」「これからは韓国の男たちも声を上げるべき。男性の人権運動が必要」など、さまざまなコメントが飛び交っている。

ただし、一部ユーザーからは「そういう社会ムードをつくった多くの男性犯罪者を糾弾すべき。被害者の女性らに矛先を向けてどうするの?」「女性に対し『被害意識がひどい』と文句ばっか言ってるけど、どうしてだと思う?(そんな言葉が出るのは)男にそれだけ被害を受けたからだろう。俺が女でも男を疑って避けそう」と警鐘を鳴らす声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事