Record China

ヘッドライン:

台風24号、国慶節連休に日本直撃?中国ネットは「どうしよう!」と悲鳴

配信日時:2018年9月27日(木) 16時10分
拡大
26日、中国の国慶節連休が目前に迫る中、深セン市気象局などが「台風24号が日本に向かっている」と注意を呼び掛けた。写真は台風21号の影響を受けた関西空港の利用客。

2018年9月26日、中国の国慶節(建国記念日)連休が目前に迫る中、深セン市気象局などが「台風24号が日本に向かっている」と注意を呼び掛けた。これに、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

同気象局は26日午後、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「台風24号はすでに進路を変えた。国慶節シーズンの日本に影響を及ぼすとみられる」と投稿し、旅行を予定している人に注意を促した。また、自メディア(新興メディア)の中国気象愛好者も「日本にとって今年最強の台風になるかもしれない」との文章を掲載。中国天気網の微博アカウントは「30日から来月1日にかけて日本に上陸」との見通しを示した上で、「28~29日に新たな台風が発生すると思われる。連休中に日本に上陸する可能性もあるため、訪日予定のある人は最新の動きに注意を」などと呼び掛けた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「どうしよう!国慶節は日本に行くのに」「30日の東京行きチケット、買ってしまった」「3日に大阪に行くのだけど大丈夫だよね」など、心配する声が寄せられている。また、「21号が上陸したばかりなのに」「今年の日本は台風が多い」「9月は大阪で21号の威力を目の当たりにした。10月は広島で24号を体験することになるのか」とのコメントも見られた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

なぜこんな時に?韓国議員らの「日本研修」が物議=韓国ネット「何を学ぶつもり?」「日本側も迷惑」

10日、ニューシスなど複数の韓国メディアによると、韓国・忠清北道の忠州市議会行政福祉委員会が海外研修のため、台風21号の影響で深刻な洪水被害が発生した日本の南西部地域を訪れることが分かり、物議を醸している。写真は台風の被害を受けた関西空港。

Record China
2018年9月11日 22時40分
続きを読む

ランキング