災害で野菜不足の日本、ついに中国産が店頭に並ぶ―中国メディア

配信日時:2018年9月19日(水) 12時50分
災害で野菜不足の日本、ついに中国産が店頭に並ぶ
画像ID  1022688
日本で、地震や台風、豪雨の影響で野菜生産が落ち込み、輸入野菜がスーパーなどの店頭に並ぶようになっている。写真は台風時の大阪。
2018年9月18日、観察者網は日本メディアの報道を基に、地震や台風、豪雨の影響で北日本での野菜生産が落ち込み、輸入野菜が店頭に並ぶようになっていると伝えた。

東京の中央卸売市場では、9月上旬における中国産にんじんの累計輸入量が前年同期比で2.8倍、玉ねぎも60%ほど増え、スーパーなどの小売店で日本産から中国産に一部で取って代わるようになっている。

都内のあるスーパーは、通常なら中国産野菜はあまり販売しないが、災害続きで国産野菜だけでは商品の確保が難しくなったと明かす。別のスーパーでは、予定していた北海道物産展を延期したという。

この報道に中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「問題は彼らが中国産の野菜を欲しがるかどうかだ」
「日本人は中国産の野菜は残留農薬が多く、しかも不衛生だという理由で買いたがらない」

「普段は並べない中国産を販売しているというが、東京の人たちは買ってくれているの?」
「日本が普段輸入している中国産野菜は1%。それが地震で増えたといっても4%だよ」
「この程で増えたと言ってもね」

「日本人は値段が高くても日本の国産野菜を買っている。中国産は厳しい検査を経て安全性が確認されていてもだ」
「日本の食糧自給率は4割程度のはず。それならあと6割は普段どうしているのだろう?」(翻訳・編集/岡田)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事