台湾の駐大阪弁事処長が自殺、台風対応で批判も―米華字メディア

配信日時:2018年9月14日(金) 17時50分
台湾の駐大阪弁事処長が自殺
画像ID  1022681
14日、米華字メディア・多維新聞は、台北駐大阪経済文化弁事処の蘇啓誠処長がこの日自殺したと報じた。写真は台風の影響を受けた関西国際空港。
2018年9月14日、米華字メディア・多維新聞は、台北駐大阪経済文化弁事処の蘇啓誠(スー・チーチョン)処長がこの日自殺したと報じた。

記事は消息筋の話として、通常通り出勤しなかった蘇氏の自宅を秘書が訪れ、異変に気付いたことを説明。台湾外交部は「深い悲しみと名残惜しさを示す」「遺族のプライバシーと心情への配慮を求める」としているという。

記事は自殺理由を報じていないが、「関西地区を襲った台風の影響で多くの台湾人旅行者が足止めされた問題で、同弁事処は批判を受けた」と説明している。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/09/15 01:39)

    >>「関西地区を襲った台風の影響で多くの台湾人旅行者が足止めされた問題で、同弁事処は批判を受けた」 天災ばっかりはどうしようもないと思うんだけどなあ。 それも自国内の問題じゃなくて、他国での出来事だし。出来ることなんて限られてるでしょうよ。 まあ、もしも公務そっちのけで遊び呆けてたり宴会でもしてたって言うのなら、批判されても仕方ないけどね。 その場合は擁護のしようもないけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/09/14 19:02)

    可哀そうに。中国のガセ報道の犠牲者だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事