2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

過去20年、自然災害による経済損失額が大きかった国、1位は日本ではなく…

配信日時:2018年10月12日(金) 16時30分
自然災害による経済損失額が大きかった国、1位は日本ではなく…
画像ID  1022644
11日、ARDドイツテレビによると、国連国際防災戦略事務局は10日、過去20年間の自然災害による世界経済損失額が2兆9000億ドルに上ると発表した。
2018年10月11日、ARDドイツテレビによると、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)は10日、過去20年間の自然災害による世界経済損失額が2兆9000億ドル(約325兆円)に上ると発表した。12日付で環球時報が伝えた。

報告は1998~2017年の洪水、地震、津波、干ばつなどの自然災害の調査に基づくもの。損失額のうち、2兆4500億ドル(約275兆円)が気象の変化が関係する災害によるものとされた。

損失額が最も高かったのは米国で9448億ドル(約106兆円)。2番目が中国で4922億ドル(約55兆2000億円)、3番目が日本で3763億ドル(約42兆2500億円)とされた。以下、インド、プエルトリコが続いた。

報告によると、同期間の災害による死者は130万人で、負傷・不明者は44億人。最も被害が大きかったのは地震とそれによる津波で74万人が死亡したという。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事